深夜出発は思わぬところで危険がいっぱい。
ご存知でしたか?

ゴールデンウィークやお盆休み、年末年始休暇は高速道路が渋滞するから深夜出発がおすすめ!
そのように書いているサイトは多いのですが、深夜に運転する危険性や注意点を書いているサイトがすくないように思いました。

高速道路の深夜運転は危険がいっぱいです!
そんな危険いっぱいの深夜運転について、毎月東京と大阪を車で行き来している私がお伝えします!

Sponsord Links

道が空いているからと言ってスピードを出さない

深夜は基本的に道が空いています。
めちゃくちゃ空いています。それゆえに飛ばしてしまう車も多いのが実情です。

制限速度110kmの新東名高速道路で120kmで走っていたら煽られたことがあります。
私はトラブルになるのが嫌でしたし事故もしたくなかったので先に行かせました。

ものすごい勢いで抜いていきましたね。相対的な速度で恐らく150kmは出ていたんじゃないかと思います。
みるみる間に離されていきましたが、その先の渋滞でひっかかっていました!笑

正直高速道路でそこまで飛ばしても時間短縮は出来ません。昔は出来たかも知れませんが今は無理です。
何故なら今は大型のトラックやバスが多いので、すぐにスピードを落とさないといけません。

そうなると車の燃費が悪くなるばかりか、イライラして運転に支障をきたします。

狭い日本でそんなに急いでどこにいくのでしょうか?
深夜で空いているからこそ、マイペースで走って燃費や良い精神状態を保ちながら運転するべきだと思います。

大型トラックやバスを追い抜くときは気をつけて

これ見落とされがちなんですが、忘れた頃に来ます。
トラックやバスって大きいがゆえに車正面の面積が大きくなります。それゆえ、正面で受けた風を上部や横に流しながら走ります。

通常走行しているときはそこまで問題ないのですが、風の強い山間部や海辺を走っているときは要注意です。
いきなり強い風が吹いて、車が横に煽られます。

車高の低い車だと影響は少ないですが、車高の高い車は影響受けやすいです。
特にトールワゴンタイプの軽自動車は一番危険です。

深夜はトラックやバス等の大型車の走行量が多く、同時にスピードも出ているので、昼に比べ注意が必要です。

基本的に左車線若しくは真ん中の車線を走る

これ徹底してください。
本当に危ないです。道交法で反則金の対象になっていますが、それ以前に自分の身を守る為にもです。

よく深夜走っていて右車線を走り続けている車をみます。相当な速度で走っていないと追いつかれて煽られます。
何回もみてきました。

中途半端な速度で走るなら左か真ん中の車線を走るべきなんですよ。道交法に書いている以前の話として。

煽られたら焦ります。その焦りが運転ミスの元なんです。
深夜は後部から迫ってくる車との感覚が分かりません。結構離れていても「すぐそこ」にいるような錯覚をします。

煽られていると感じやすいです。
それゆえに、右車線を走っていると煽られていると感じる事が多くなります。

車を追い抜いたらすぐに元の車線に戻りましょう。

あと、早い車に追いつかれた場合その車が左から抜かないかどうか確認してから寄りましょう。

あくびが出たら休憩する

深夜運転はめちゃくちゃ眠くなります。
眠眠打破なんてただの水に感じます。

ただただ単調な道がひたすら続いていて、車も少ないので眠くなります。
また深夜の高速道路は本当に暗い。電灯が等間隔でありますが、無いところもありますし。

それに先ほどの煽り運転や緊張感などで昼に比べ疲れやすい要素が満載なんです。

なので、あくびが出たら必ずパーキングに寄りましょう。

あと深夜の高速道路はハイになりやすいです。てかなります。
車が少ない中走っていると、徐々にそれが普通になって運転をやめるのが逆に億劫になるんですね。

私も毎回と言っていいほどなるので気をつけるのですが、3時間4時間運転し続けるなんてありました。
東京出発で一気に愛知まで行けましたね。さすがにその後パーキング入ったらへとへとでしたが。。。

そんなこともあるので意識的に休憩を入れるようにしましょう。
その休憩を取らなかったがばかりに、帰らぬ人。。なんてありえるかもしれませんよ。

SAやPAでは車を停めるまで気を抜かない

これ!まじ大事!
遠足は家に帰るまでが遠足です!じゃないですが、SAやPAの敷地に入ったからといって気を抜かないでください。
人はどこから出てくるか分かりません。本当に。

深夜のSAやPAはガラガラだから歩行者も危険なところで車道を横断しますし、危険確認もおざなりになりがちです。
車側も深夜のSAPAがガラガラだからって飛ばす輩もたまにいますし。

まとめ

深夜の運転はこれほど危険がいっぱいなんです。何故そのことを深夜出発を推奨しているサイトで言わないのか謎です。
運転初心者とタイトルに入れましたが、ベテランの方も今一度自分の運転がどうか見つめなおしてみてはいかがでしょうか。

最後に危険ポイントをまとめます。
●道が空いているからと言ってスピードを出さない
●大型トラックやバスを追い抜くときは気をつけて
●基本的に左車線若しくは真ん中の車線を走る
●あくびが出たら休憩する
●SAやPAでは車を停めるまで気を抜かない

以上5点ですが、これ以上にももっと深夜運転ならではの危険ポイントが隠れています。

死傷事故を起こしてしまうとあなただけでなく、家族や周りの人たちも悲しみます。
過失割合なんてものは生きていてなんぼのもんです。

その1時間や何十分といった時間命を削ってまで必要ですか?
深夜ドライブは以上のことに気をつけて安全第一でいきましょう。

スポンサーリンク