渋野日向子のスポンサーは?BEAMS(ビームス)ウェア即完売!?

女子プロゴルファーの渋野日向子選手が、

2019年8月4日、AIG全英女子オープンに初出場・初優勝しました。

 

この大会中、ウェアもソックスも

渋野日向子選手がBEAMS GOLF(ビームスゴルフ)のアイテムを

着用していたことをご存知ですか?

 

あのオシャレなブランドである

BEAMS(ビームス)は、なんと渋野日向子スポンサーなんです!

 

今日は渋野日向子のスポンサーに焦点を当ててまとめていきたいと思います。

 



渋野日向子のスポンサーはBEAMS GOLF(ビームスゴルフ)

BEAMS GOLFと渋野日向子選手は、

2019年5月22日にウェア契約を締結しました。

 

 

シーズン中の締結は異例中の異例。

どんどん活躍していく渋野日向子選手を

BEAMSも放っておけなかったのでしょうね。

 

 

他のスポンサーに取られる前に、

早めに締結してしまいたいと思ったのでしょう。

 

 

渋野日向子着用のBEAMSウェアは即完売

 

渋野日向子選手着用のウェアは

BEAMS GOLFの公式サイトや、

通販サイトで、即完売状態になりました。

 

 

他の商品も品薄になっているとのこと。

渋野日向子選手の効果は絶大ですね。

 

 

2019年8月現在は、BEAMS GOLFの公式サイトで

最大半額のセールが実施されています。

少しでも買いたい気持ちがあるならば、

いますぐ買っておいた方が良いでしょう。

 

 

では、一体、どんなウェアを着用していたのでしょうか。

 

 

着用したモデルは以下のものになります。

  • マルチロゴ ポロシャツ(1万5,120円)
  • ひまわり柄半袖シャツ(1万6,120円)
  • ロゴモックネック(1万2,960円)
  • 襟ウラ マーガレット ポロシャツ(1万4,040円)

 

 

どれもカラフルで可愛く、

スポンサーリンク

渋野日向子選手にぴったりのものです。

特に、優勝していた日に着ていた

マルチロゴポロシャツが大人気です。

 

渋野日向子選手のBEAMS以外のスポンサーは?どんな会社?

 

渋野日向子のスポンサー一覧!

渋野日向子選手は、現在7社とスポンサー契約を結んでいます。

 

RSK山陽放送(所属選手契約)

岡山県だけかと思いきや、

香川県も放送対象にしています。

渋野日向子選手とは「岡山つながり」ですね。

 

 

BEAMS GOLF

普段の服装は「ジャージ」の渋野日向子選手ですが、

スポンサーは若者に人気のブランドです。

ファッション性と機能性を両立させた

BEAMSのオリジナルブランドです。

 

 

株式会社キャンディル

新宿の会社ですが、社長さんが岡山県出身で、

渋野日向子選手と同郷です。

建築サービスの総合事業をしている会社になります。

 

 

PING

主にゴルフクラブの会社で、

クラブ用品を提供契約しています。

 

 

しかし、渋野日向子選手は高校生の頃から

スポンサーリンク

PINGのキャップを被っています。

キャップもPINGから提供されていることでしょう。

 

 

タイトリスト(ボール用品)

ボールやクラブを取り扱っている会社です。

本社はアメリカのマサチューセッツ州にあります。

特にアイアンセットが人気の会社です。

 

 

NIKE

渋野日向子選手の足もとをよく見てみると、

NIKEの靴を履いています。

NIKEは言わずと知れたスポーツ関連の世界的企業ですよね。

ゴルフ界でもタイガー・ウッズとスポンサー契約していますし、

テニスでは大坂なおみやシャラポアなど、

数々の有名アスリートのスポンサーになっています。

 

いかがでしたでしょうか?

渋野日向子選手が岡山出身ということもあり、

社長の出身地や工場の場所など、

岡山つながりのスポンサーが目立ちます。

 


これからは更に人気も出て、

岡山以外のスポンサー契約も増えそうですね。

まとめ

 

渋野日向子選手はすでに7社もスポンサー契約を結ばれていました。

その中には、BEAMS GOLFやNIKEなど、大手企業が名を連ねていました。

 

今回の渋野日向子選手の海外メジャー制覇によって、

スポンサー企業の株も軒並み上昇しているのではないでしょうか?

 

また今後もスポンサー企業が多数参入してくるものと思われます。

更にCM、バラエティ番組など、渋野日向子選手の活動の場所がどんどん広がっていくのではないでしょうか?

年収はどれくらい行っているのでしょうね。

 

次回はそのあたりも調査してみたいと思います。

42年ぶりの、史上2人目の海外メジャー制覇。

本当におめでとうございます。



スポンサーリンク