金本知憲(阪神監督)の後任は誰?就任時期や岡田彰布復帰の可能性は?

みなさんこんにちは!ごく普通の会社員です!!

今年のプロ野球は辞任と引退が非常に多いと思うのは私だけでしょうか。

監督では巨人の高橋由伸監督とヤクルトのラミレス監督が辞任を表明していますし、選手では松井選手や新井選手などの有力選手が引退を表明しています。

そんななか2016年から阪神タイガースを率いていた金本知憲監督が辞任を表明しました。

金本知憲監督は就任時は現役時の成績などから期待されていましたが、結果が伴わず鬼采配監督!として批判を浴びていました。

2018年はチーム十数年ぶりの最下位になってしまい、責任を取っての陣という事みたいです。

という事で、今回は高橋由伸(巨人監督)の後任は誰?就任時期や原辰徳復帰の可能性は?と題し書いていこうと思います!

それでは早速本題に入っていきましょう!



高橋由伸監督が自らの意思で退任?

阪神金本知憲監督(50)が今季限りで辞任することが11日、分かった。今日にも発表される。

今季は142試合を戦い、61勝79敗2分けで、01年以来17年ぶりの最下位が決まっていた。前日10日は甲子園での今季最終戦。金本監督は試合後のセレモニーで「選手たちは本当に開幕から目いっぱい、体を張って頑張ってくれましたけれど、私の力足らずのため、こういう結果に終わってしまい、心より謝罪とおわびを申し上げたいと思います」と話していた。

巨人の高橋由伸監督が辞任するとなったときは、なぜ高橋由伸が!?といった声が多かった一方で、阪神の金本知憲監督はやめねえのかよ!といった声も多く上がりました。

金本知憲監督は現役時代3割30本30盗塁を記録し、連続フルイニング試合出場記録も1492試合と鉄人的な記録をのこしていました。

2012年に引退し2016年に岡賀監督の後を継ぐようにし、阪神監督に就任。

2016年は4位、2017年は2位となっており、今年は期待されていたのですが、結果として最下位。

今回金本知憲監督はその責任を取って辞任するに至ったようです。

しかし私は金本知憲監督は監督としてまだ成長期では?と思うんですよね。

というのも引退してから数年しかたっていませんし、監督としての経験もまだまだこれから積んでいけば、名将になれると思います。

今回辞任に至ったことは非常に残念ですが、今後様々な経験を積んで、再度阪神に戻ってきてほしいですね!

そしてリベンジの日本一を果たしてほしいものです!

金本知憲監督の後任や就任時期はいつ?

それでは金本知憲監督が阪神の監督を辞任したら、次期監督は誰になるのでしょうか。

ニュースサイトでは今のところ後任は未定となっていますが、恐らく後任監督の就任は今シーズンが終わってキャンプくらいまでには決まると思われます。

というのも秋季キャンプで来年の目標を共有し、どんなキャンプ内容にするのか。またどんな練習にするのか等監督がいないとキャンプにならないからなんですね。

正直金本知憲監督の後任の希望として、私としてはやはり阪神のユニフォームが似合う人に監督になってほしいので、岡田彰布さん阪神監督にカムバックが実現してほしいところです。

岡田彰布さんが阪神監督を務めらていた時期は、以下の成績でした。

  • 優勝1回
  • 2位2回
  • 3位1回
  • 4位1回

この結果を見るに阪神監督に岡田彰布さんが最適と思うのは私だけでしょうか。

2019年シーズンは巨人監督が原辰徳監督になると決まっていますし、他のチームもいろいろ補強してくると思います。

となるとここで阪神の監督選びを間違えてしまうと、一気に落ちてしまう可能性が。

過去に阪神で結果を出している監督カムバックが最適案なのではないでしょうか!

ネットの声は?

ネットでは金本知憲監督の辞任に対し、反対の意見と賛成の意見がありますね。

やはり結果を出せなかったとは言え、阪神に思い入れのある選手だったわけですから、阪神ファンとしては金本知憲監督に結果を出してほしかったというのが本音。

またコーチなどの経験を積んで、監督としてカムバックしてほしいですね!

まとめ

金本知憲(阪神監督)の後任は誰?就任時期や岡田彰布復帰の可能性は?と題し書いてきましたがいかがでしたでしょうか!

正直阪神ファンとしては複雑です。

阪神で活躍していた選手というだけあって、思い入れがある選手・監督でしたから、来年こそは結果を出してほしかったというのが正直なところ。

しかし実際は経験不足だったのか、結果を出せず辞任。

辞任してまた阪神にカムバックしてほしいのですが、その間も阪神の成績は落とさないでほしい。

となると過去に結果を残している岡田監督が最適案ではないでしょうか。

阪神の次期監督は誰になるのか、、、気になるところです!

スポンサーリンク