皆さんこんにちは!
ごく普通の会社員です!

今回は愛知県や三重県が区分される、東海地方の梅雨明け予想やその基準・条件まで調査していこうと思います!

過ごしやすい気温で気持ちいい春が終わって、次は夏!
の前に過ごしにく梅雨が待っています。

天候が心配で、布団や洗濯物が干せない。また、湿度が高いので料理や生ごみの管理が大変!
そんな東海地方の梅雨はいつ入って、いつ明けるのでしょうか?

っという事で、エクセルめちゃくちゃ得なごく普通の会社員が大胆予想していきます!
なんと嬉しいことに、気象庁が過去67年分の梅雨明け・梅雨入りデータを公開しているんですね!

67年分のデータというと、1950年からです!
そんな半世紀以上のデータを使い、東海地方の梅雨明け等を予測していきます!

と言う事で今回は、以下の5点について調査していきますね!

  • 東海地方の対象地域はどこ?
  • 2018年東海の梅雨入りはいつ?
  • 2018年東海の梅雨明けはいつ?
  • 梅雨入りや梅雨明けの基準や条件って何?
  • 過去67年のデータから見る東海地方の梅雨って?

それでは本題に入っていきましょう!

Sponsord Links

東海地方の対象地域はどこ?

さてはじめに、東海地方と言ってもどの県の事なのでしょうか。
具体的にの地域かわからないとなので、まずはじめに、気象庁の発表している”東海地方”をざっくりと見てみましょう!

気象庁は東海地方を以下ように区分しています。

  • 三重県
  • 愛知県
  • 岐阜県
  • 静岡県

私はこれまで三重県の立ち位置は、関西か東海どっちなんだ!と思っていましたが、東海でしたか。
たまーーーに、関西地方の天気予報にひょっこりと三重県が顔を出すんですよね!

あとは、割とわかりやすい地方区分ですね!

2018年東海地方の梅雨入りはいつ?

さて、肝心の東海地方の梅雨入りですが、いつなのでしょうか?

結論から言うと、私は東海地方の梅雨入りは6月6日~8日ごろだと予想します!

その根拠を示すため、一旦東海の2000年以降の梅雨入りデータを見てみましょう!

東海の梅雨入り予想と、2000年以降の梅雨入りデータ

2000年以降の東海の梅雨入りデータ

2000年以降の東海の梅雨入りデータ
梅雨入り日 梅雨入り日
2000年 6月9日 2010年 6月13日
2001年 6月5日 2011年 5月22日
2002年 6月11日 2012年 6月8日
2003年 6月10日 2013年 5月28日
2004年 6月6日 2014年 6月4日
2005年 6月11日 2015年 6月3日
2006年 6月8日 2016年 6月4日
2007年 6月14日 2017年 6月21日
2008年 5月28日 平均日 6月6日
2009年 6月3日 例年 6月8日

さてさて、ここで気象庁が発表している東海地方の2000年以降梅雨入りデータを、わかりやすく表にしてみました!!
エクセルで計算をした平均日と気象庁発表の例年梅雨入りで2日の差がありますね!

そう考えると、去年の梅雨入りが6月21日と極端に遅かったのがわかります。

結論!2000年以降の平均が6月6日で、例年が6月8日という事なので、恐らく東海地方の梅雨入りはその期間になるかと思います。

2018年東海の梅雨明けはいつ?

6月6日~8日ごろが東海地方の梅雨入りと予測した一方で、梅雨明けはいつなのでしょうか。
こちらも大胆に予測していきましょう!

まずは気象庁発表の東海2000年以降の梅雨明けデータを見てみましょう!

2000年以降東海地方の梅雨明けデータ

2000年以降の東海の梅雨入りデータ
梅雨明け日 梅雨明け日
2000年 7月16日 2010年 7月17日
2001年 7月2日 2011年 7月8日
2002年 7月20日 2012年 7月23日
2003年 7月31日 2013年 7月7日
2004年 7月13日 2014年 7月21日
2005年 7月18日 2015年 7月24日
2006年 7月26日 2016年 7月28日
2007年 7月27日 2017年 7月15日
2008年 7月12日 平均日 7月19日
2009年 8月3日 例年 7月21日

さてさて、梅雨明けの方も2000年以降の梅雨明けデータをまとめてみました!
2000年以降の平均が7月19日で例年が7月21日という事は、梅雨明けはそのあたりになるのでしょうか!

それにしても、これまで沖縄・九州・四国・中国・関西と平均を出してきましたが、平均値と例年の差がここまで小さいのは珍しいですね!

気象庁発表の例年とは?

ここで気象庁発表の例年について軽く学んでおきましょう!

 平年値は、その時々の気象(気温、降水量、日照時間等)や天候(冷夏、暖冬、少雨、多雨等)を評価する基準として利用されると共に、その地点の気候を表す値として用いられています。
 気象庁では、西暦年の1の位が1の年から続く30年間の平均値をもって平年値とし、10年ごとに更新しています。現在は、1971~2000年の観測値による平年値を使用していますが、今年は平年値を更新する年にあたり、1981~2010年の観測値による新しい平年値を作成しました。
 気象庁では、平成23年(2011年)5月18日に、この平年値の使用を開始します。これにより、季節予報や天候の解説等で用いている各種平年値が新しくなります。

これによると、気象庁は例年の値を過去30年間の平均としているのがわかりますね。
また、その期間というのも西暦の1の位が1の時に更新との事。

なので1991年・2001年・2011年・2021年に見直すという事になりますね!

これらを簡単に表にしてみましょう!

平年を見直す年 平年期間
1991年 1961年~1990年
2001年 1971年~2000年
2011年 1981年~2010年
2021年 1991年~2020年

以上が、例年期間とそれを見直す年の一覧になります。

という事は、現在発表されている例年値は1981年~2010年の期間という事。
2011年~2017年の値は考慮されていません。

やはり、2000年以降の平均値と例年を予測の根拠にするのは割と正しいのかもしれませんね!

梅雨入りや梅雨明けの基準や条件ってなに?

さてさて、東海地方の2018年の梅雨明けが7月19日~21日ごろになるのはわかったというところで!
次に気になるのは、梅雨明けの基準や条件!

桜の開花に関しては、”各気象台付近に特定の桜の蕾が咲いた時点”とあります。
梅雨入りや梅雨明けに、このような明確になっている基準や条件はあるのでしょうか。

結論から言うと、”明確”な基準や条件ありません。
気象庁は過去のデータから、暫定的に”なんとなく”梅雨っぽいから梅雨宣言をして、梅雨が明けたっぽいから梅雨明け宣言をしています。

こう言うと、「ええーーーーー、気象庁なのに、”なんとなく”宣言しているの!?」って思うかもしれません。

しかし、この”なんとなく宣言”ですが、そうせざるを得ない理由があるみたいですね!

梅雨明けを断定できないのは、クレームが原因?

気象庁が過去に梅雨明けを宣言した際、クレームが入りました。
クレームの内容は、梅雨明け宣言したのにもかかわらず、曇天や雨が続いたから。ですね。

それ以降、梅雨の発表を見送っていましたが、やはり梅雨の発表はしてほしいとのことで復活したそうです。
復活後は、クレームを入ったことを反省し、”●月●日ごろ”といった表現が使われ始めたようですね!

確かに気象庁の発表を思い出すと、「梅雨入りしたと見られます」や「梅雨明けしたと見られます」といった曖昧な表現になっています。

やはり自然が相手ですし、いくら国の機関といえども予想は難しいのかもしれません!

そうは言っても、基準や条件はあることはある

梅雨宣言が難しいのは上記で書きました。

梅雨前線は縦に100kmしかない横に長く、縦に短い小さな前線です。
高気圧によって挟まれているわけなので、停滞をする一方で、高気圧の張り出し方によって天気が目まぐるしく変わります。

本当に気象予報が難しいのが梅雨空です。

しかしそうはいっても、暫定的ではありますが、梅雨入り梅雨明け共に、基準や条件はあります。

梅雨入りと梅雨明けの条件を見てみましょう!

梅雨入りの基準や条件は?

  • 晴天が2日以上続いた後、梅雨前線の影響で前日と本日が雨で、さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇りの天気の場合

つまり、晴れが続いていたと思ったら、いきなり雨が降ってその後も曇天や雨が多いなーーっていう天気図の場合が梅雨入りと言う訳ですね!

梅雨明けの基準や条件は?

  • 雨が2日以上続いた後、梅雨前線が北上し前日と本日が晴れで、さらにその後1週間の天気予報が5日以上晴れの天気の場合

梅雨入りの基準の逆パターンですね!
つまり、雨が続いていたと思ったら、いきなり晴れてきて、梅雨前線も北上していったので、梅雨明けたかも!ってなった場合の事です!

過去67年のデータから見る東海の梅雨

それでは、ここからは過去67年間の東海地方の最速・最遅の梅雨入りや、最速・最遅梅雨明けを見ていきましょう!

気象庁発表の過去のデータを駆使し、東海地方の梅雨の傾向を丸裸にしてやろう!といった感じですね!
それでは早速本題へ!

梅雨入りの過去最速・最遅は?

さてまずは、私の得意なエクセルを使って、気象庁発表の東海地方過去67年間の梅雨入りデータをグラフにしてみました!
縦軸に日付を取り、横軸に年を持ってきています。

わかりやすいように、平均線も持ってきています!

この情報を元に、東海地方の梅雨入りを最速と最遅でまとめてみました!

東海過去67年間の梅雨入りデータ
最速 1956年5月22日
最遅 1951年6月28日
最遅-最速 37日

四国・関西よりも最速と最遅の差が大きい気がしますね。

グラフの平均線を見てみると、一気に上昇しているのがわかります。
しかしこれは、去年の梅雨入りが極端に遅かったので引っ張られているんですね。

なので、去年が割と平均的な日だったとして、平均線の動きを考えるとすこーーーし右肩上がりといった具合でしょうか。

ということは、東海地方の近年梅雨入りは遅くなっているという事になりますね。

梅雨明けの過去最速・最遅は?

それでは、東海地方の梅雨明け過去67年間のデータはどうなっているのでしょうか!
こちらも私お得意のグラフにしてまとめて見ました!


こちらのグラフでは、1993年あたりが歯抜けになっていますが、これは気象庁にデータがなかったという事ですね。

早速、東海地方の梅雨明けの最速と最遅を見ていきましょう!

東海過去67年間の梅雨明けデータ
最速 1963年6月22日
最遅 2009年8月3日
最遅-最速 42日

こちらは、梅雨入りよりも差が大きくなっていますね。
大きくぶれる事があるという事でしょうか。

平均線を見てみると、ほぼ横ばいなので、近年の東海地方の梅雨明けは落ち着いているのがわかりますね。

私は東海地方の梅雨明けを7月19日~21日と予測しましたので、もし仮にその日にちとなったら平均線通りになります。
やはり、梅雨明けが7月19日~21日になる可能性は高いのではないでしょうか?

降水量平年比はどう?


この降水量のグラフでは、東海地方の降水量が例年に比べ、多かったのか少なかったのか、が分かるようになっています。
例年の平均値を100としたときに、100以上だと例年よりも多く、100未満だと例年より少ないと言えます。

平均線を見てみると、近年なだらかに右肩下がりになっているのがわかりますね。
これは、徐々に梅雨の降水量が減ってきているとみる事ができると思います。

東海地方は、近年では多くても例年比130ほどの値にしかなっていません。
四国や関西はこれが160や150になっていたので、割と梅雨の降水量が少ないといえるかもしれませんね。

ただ、梅雨は気象予報が非常に難しい時期です。
今まで降ってなかった分一気に降る可能性もあるかもですね。

まとめ

“梅雨明け2018東海はいつ?平年の期間や明けの基準・条件は?”について調査してきましたが、どうでしたでしょうか!

私の得意なエクセルや表をふんだんに使ってきましたので、わかりやすいといっていただけるとめちゃくちゃうれしいです!

さてここで、この記事を簡単にまとめてみましょう!

  • 東海地方の対象地域はどこ?
    ⇒三重県、愛知県、岐阜県、長野県
  • 2018年東海の梅雨入りはいつ?
    ⇒6月6日~8日ごろ
  • 2018年東海の梅雨明けはいつ?
    ⇒7月19日~21日ごろ
  • 梅雨入りや梅雨明けの基準や条件って何?
    ⇒梅雨入りの基準:晴天が2日以上続いた後、梅雨前線の影響で前日と本日が雨で、さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇りの天気の場合
    ⇒梅雨明けの基準:雨が2日以上続いた後、梅雨前線が北上し前日と本日が晴れで、さらにその後1週間の天気予報が5日以上晴れの天気の場合
  • 過去67年のデータから見る東海地方の梅雨って?
    ⇒降水量が近年減ってきている。
    ⇒梅雨入りが遅くなり、梅雨明けが早まっている事から梅雨期間が短くなっている傾向がある。

以上ごく普通の会社員でした!

  • 記事を最後までお読みいただきありがとうございました。
    以下の記事では、日本各地の梅雨明け予想や、梅雨を過ごしやすくする工夫等、梅雨時期に見てほしい記事を特集しています!

    よろしければ、ご一緒にご覧ください。
    ※画像をクリックしても記事に飛ぶことができます。

スポンサーリンク