皆さんこんにちは!
ごく普通の会社員です!

今年もいやーーーなやつがやってきましたね。

え、嫌な奴ってなに?って?
梅雨ですよ梅雨!

じめじめーーーと過ごしにくくて、天気が悪く洗濯物どうしようとか・・・梅雨は悩みも増える季節でもあります。
そんな毎日だから憂鬱になってしまう方も多いのも事実・・・

早く梅雨明けてほしいなーーーっという声もちらほら聞きます。
ということで、今回気象庁の過去67年間のデータを元に九州地方の梅雨明けや例年の梅雨平均期間等を調査しました。

気象庁等の省庁は様々な過去データを公開しているので、本当に便利です!
それにより、九州地方のみならず、各地方の最速梅雨入りや最遅梅雨入り。また地方別平均梅雨期間も正しいデータで調査することができました!

と言う事で今回は”梅雨明け2018九州はいつ?例年の期間や明けの基準・条件は?”と題し、以下の6点について調査していきますね!

  • 九州地方の対象地域はどこ?
  • 九州地方の梅雨の特徴は?
  • 2018年九州の梅雨入りはいつ?
  • 2018年九州の梅雨明けはいつ?
  • 梅雨入りや梅雨明けの基準や条件って何?
  • 過去67年のデータから見る九州の梅雨って?

それでは本題に入っていきましょう!

Sponsord Links

九州地方の対象地域はどこ?

さてはじめに、九州地方と言っても具体的にの地域かわからないとなので、気象庁の発表している”九州地方”をざっくりと見てみましょう!

気象庁は九州地方を九州北部と九州南部に分け、以下ように区分しています。

    【九州北部】
  • 山口県
  • 福岡県
  • 大分県
  • 長崎県
  • 佐賀県
  • 熊本県
  • 【九州北部】
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

九州北部には山口県が含まれるのが意外ですね!
福岡県と緯度も近いですし、場所も近いことから天候が似ているという判断なのでしょうか?

九州南部に宮崎県があって熊本がないのが、何故って感じですね!

これ以降は、九州北部と南部で分けて予想していきますので、自分の住んでいる地域はこの機会に覚えておきましょう!

九州の梅雨の特徴

九州の梅雨の特徴は、なんといっても雨がまとまって降る!ということでは無いでしょうか。
梅雨前線は、南から北に北上していきますが、九州にはその梅雨前線の勢力が強いタイミングで上陸します。

なので、九州の梅雨の特徴として、長時間に渡って降り続く雨が多い!ということがあげられます。

過去には大雨による災害も記録されているので、九州にお住まいの方は、細心の注意が必要ですね。

2018年九州の梅雨入りはいつ?

さて、肝心の九州の梅雨入りですが、いつなのでしょうか?

九州南部:5月31日ごろ
九州北部:6月2日ごろになると私は予想します!

っと言うことで九州北部と南部に分けて過去のデータを分析していきましょう!

九州の梅雨入り予想と、過去10年のデータ

過去10年の沖縄梅雨入りデータ
九州南部の梅雨入り日 九州北部の梅雨入り日
2008年 5月28日 5月28日
2009年 6月2日 6月3日
2010年 6月12日 6月12日
2011年 5月23日 5月21日
2012年 5月30日 5月30日
2013年 5月27日 5月27日
2014年 6月2日 6月2日
2015年 6月2日 6月2日
2016年 5月24日 6月4日
2017年 6月6日 6月20日

さて、気象庁が発表している梅雨入りデータの過去10年分を使用し、九州南部と北部で表にしました!

その結果、判明したのはやはり九州南部・北部共に梅雨入り時期はそこまで大差が無いということ!

しかし、一昨年くらいから南部と北部で差が出始めています。
一昨年は11日、去年は14日の差になっていますね。

また、エクセルで九州南部・北部の過去10年の平均梅雨入りを算出したところ、以下のような結果になりました。

九州南部:5月31日(例年は5月31日)
九州北部:6月2日(例年は6月5日)

この事から、九州南部・北部の梅雨入りは以下のように予想しました!

九州南部の梅雨入りは5月31日ごろ
九州北部の梅雨入りは6月2日~5日ごろ

ただ、近年は九州南部・北部で梅雨入りに差が見られるのですこーーーし、北部が遅れる事もあるかもしれませんね!

2018年九州の梅雨明けはいつ?

九州南部・北部の梅雨明けについては気象庁が例年通りなら、南部は7月14日ごろ、北部は7月19日ごろと発表しています。

私は上記の件などを踏まえ、九州南部・北部の梅雨明けは以下のようになるのでは!?と予想します!

九州南部:7月13日~19日ごろ
九州北部:7月13日~19日ごろになると私は予想します!

こちらも過去10年のデータを見てみましょう!

過去10年の九州梅雨明けデータ

過去10年の沖縄梅雨明けデータ
九州南部梅雨明け日 九州北部梅雨明け日
2008年 7月6日 7月6日
2009年 7月12日 8月4日
2010年 7月20日 7月17日
2011年 7月8日 7月8日
2012年 7月23日 7月23日
2013年 7月8日 7月8日
2014年 7月16日 7月20日
2015年 7月14日 7月29日
2016年 7月18日 7月18日
2017年 7月13日 7月13日

梅雨明けに関しても、過去10年間のデータを比較して分かるのは、南部北部でそれほど差が無いこと。

エクセルで過去10年間の平均を出してみた所、以下のようになりました。
九州南部:7月13日(例年は7月14日)
九州北部:7月17日(例年は7月19日)

っと言うことで、私は九州南部・北部の梅雨明けを以下の様に予想します。
九州南部:7月13日~19日ごろ
九州北部:7月13日~19日ごろ

梅雨入りや梅雨明けの基準や条件ってなに?

さてさて、九州地方の2018年の梅雨明けが7月13日~19日ごろになるのはわかったと!次に気になるのは、梅雨明けの基準や条件!

桜の開花に関しては、”各気象台付近に特定の桜の蕾が咲いた時点”とあります。
梅雨入りや梅雨明けに、このような明確になっている基準や条件はあるのでしょうか。

結論から言うと、”明確”な基準や条件ありません。
気象庁は過去のデータから、暫定的に”なんとなく”梅雨っぽいから梅雨宣言をして、梅雨が明けたっぽいから梅雨明け宣言をしています。

こう言うと、「ええーーーーー、気象庁なのに、”なんとなく”宣言しているの!?」って思うかもしれません。

しかし、この”なんとなく宣言”ですが、そうせざるを得ない理由があるみたいですね!

梅雨明けを断定できないのは、クレームが原因?

気象庁が過去に梅雨明けを宣言した際、クレームが入りました。
クレームの内容は、梅雨明け宣言したのにもかかわらず、曇天や雨が続いたから。ですね。

それ以降、梅雨の発表を見送っていましたが、やはり梅雨の発表はしてほしいとのことで復活したそうです。
復活後は、クレームを入ったことを反省し、”●月●日ごろ”といった表現が使われ始めたようですね!

確かに気象庁の発表を思い出すと、「梅雨入りしたと見られます」や「梅雨明けしたと見られます」といった曖昧な表現になっています。

やはり自然が相手ですし、いくら国の機関といえども予想は難しいのかもしれません!

そうは言っても、基準や条件はあることはある

梅雨宣言が難しいのは上記で書きました。

梅雨前線は縦に100kmしかない横に長く、縦に短い小さな前線です。
高気圧によって挟まれているわけなので、停滞をする一方で、高気圧の張り出し方によって天気が目まぐるしく変わります。

本当に気象予報が難しいのが梅雨空です。

しかしそうはいっても、暫定的ではありますが、梅雨入り梅雨明け共に、基準や条件はあります。

梅雨入りと梅雨明けの条件を見てみましょう!

梅雨入りの基準や条件は?

  • 晴天が2日以上続いた後、梅雨前線の影響で前日と本日が雨で、さらにその後1週間の天気予報が5日以上雨または曇りの天気の場合

つまり、晴れが続いていたと思ったら、いきなり雨が降ってその後も曇天や雨が多いなーーっていう天気図の場合が梅雨入りと言う訳ですね!

梅雨明けの基準や条件は?

  • 雨が2日以上続いた後、梅雨前線が北上し前日と本日が晴れで、さらにその後1週間の天気予報が5日以上晴れの天気の場合

梅雨入りの基準の逆パターンですね!
つまり、雨が続いていたと思ったら、いきなり晴れてきて、梅雨前線も北上していったので、梅雨明けたかも!ってなった場合の事です!

過去67年のデータから見る九州の梅雨

それでは、ここからは過去67年間の九州地方の最速・最遅の梅雨入りや、最速・最遅梅雨明けを見ていきましょう!

梅雨入りの過去最速・最遅は?

青のグラフが九州北部で、オレンジのグラフが九州南部を表しています。
各地方の最速と最遅をまとめてみました!

区分 梅雨入り比較
九州南部 九州北部
最速 1956年5月1日 1954年5月13日
最遅 1957年6月21日 1967年6月22日

最速は5月頭から入ることもあれば、最遅は6月22日に宣言されることもあるようですね!
平均線では九州南部・北部ともに徐々に右肩上りになっているので、梅雨入りは徐々に遅くなってると言えるのかもしれませんね!

梅雨明けの過去最速・最遅は?

それでは梅雨明けの過去67年間のデータはどうなっているのでしょうか!
こちらもグラフにしてまとめて見ました!

青のグラフが九州南部で、オレンジのグラフが九州北部を表しています。
各地方の最速と最遅をまとめてみました!

区分 梅雨明け比較
九州南部 九州北部
最速 1955年6月24日 1994年7月1日
最遅 1957年8月8日 2009年8月4日

こうしてみてみると、グラフが見事なまでに一致していますね!
最速・最遅記録も、似通った日付になっています!

今年の梅雨明けも似たような日にちになるのではないでしょうか!

降水量平年比はどう?


こちらのデータは、九州地方の降水量を平年に比べて多いか少ないかで表しているグラフです!
青が南部、オレンジが北部を表していますが、近年では南部と北部で違った特徴が出てきていますね!

南部の方が例年よりも降水量が多いのに対し、オレンジは例年よりも少ない年もちらほらあります。
コレを裏付けるかのように、九州南部の平均線は右肩上がりですが、九州北部の平均線は右肩下がりになっています。

1990年以前はそのような傾向がなかったことを見ると、1990年以降九州北部で降る分の雨が九州南部で降っているということになるのでしょうか。

まとめ

“梅雨明け2018九州はいつ?例年の期間や明けの基準・条件は?”について調査してきましたが、どうでしたでしょうか!

この記事を簡単にまとめてみましょう!

  • 九州地方の対象地域はどこ?
    ⇒【九州南部】山口県、福岡県、大分県、長崎県、佐賀県、熊本県
    ⇒【九州北部】宮崎県、鹿児島県
  • 九州地方の梅雨の特徴は?
    ⇒梅雨前線が強いまま九州に入るので、まとまった雨が一気に降る。
  • 2018年九州の梅雨入りはいつ?
    ⇒【九州南部】5月31日ごろ
    ⇒【九州北部】6月2日ごろ
  • 2018年九州の梅雨明けはいつ?
    ⇒【九州南部】7月13日~19日ごろ
    ⇒【九州北部】7月13日~19日ごろ
  • 梅雨入りや梅雨明けの基準や条件って何?
    ⇒現在暫定的な基準しか無い。
  • 過去67年のデータから見る九州の梅雨って?
    ⇒近年では、北部より南部の降水量が多く注意が必要。

以上ごく普通の会社員でした!

  • 記事を最後までお読みいただきありがとうございました。
    以下の記事では、日本各地の梅雨明け予想や、梅雨を過ごしやすくする工夫等、梅雨時期に見てほしい記事を特集しています!

    よろしければ、ご一緒にご覧ください。
    ※画像をクリックしても記事に飛ぶことができます。

スポンサーリンク