チケット不正転売禁止法でオークションでの購入はどうなる?詳細を調べてみた!

オリンピックのチケットの当選発表がされましたね。

私は全部落選でした。。。

全て落選の悲しい画面。

こうなったらオークションで購入してやると考えましたが、

その考えは危険でした。。。

 

これまで黒に近いグレーだったチケット転売が、法律で取り締まられることになったのです。

令和元年6月14日施行の「チケット不正転売禁止法」、

私たちの暮らしに関わる大切な法律なので詳しく紹介しますね。

 



チケット不正転売禁止法でオークションでの購入はNGに?

文化庁のホームページによると、

「特定興行入場券の不正転売」「不正転売を目的とした譲り受け」が

今後、取り締まりの対象となるとのこと。

 

特定興行入場券とは、チケットのことです。

 

日本国内で行われる芸術や音楽、スポーツのチケットで以下の3点に該当するものを指します。

  • 興行主の同意のない有償譲渡は禁止と明示されている
  • 興行の日時・場所・入場資格者・座席などが指定されている
  • 指定座席の購入者(立ち見の場合は入場資格者)の氏名や連絡先を確認する旨の記載がある

 

ほとんどのライブのチケットは上記に該当するものと思われます。

 

これまでも、オークションサイトなどに大量出品されたチケットを

アーティスト側が発見して退場処置をとったり、

 

ファンが自主的に通報したりすることはありましたが、

本格的に処罰の対象となることが決まったのです。

 

違反した場合には、

1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金またはその両方」が科せられます。

  • 転売目的でチケットを買い占める行為
  • 業として(仕事として収入目的で継続的に繰り返して)の転売行為
  • 入手したチケットを価格より高額で転売する行為

 

以上は取り締まられることになりますので、決してしてはなりません。

オークションへの出品や購入は禁止となりました。

チケット不正転売禁止法の対象外となるチケット

  • 無料配布されたもの
  • 転売禁止を明示していないもの
  • 日時指定がないもの
  • 入場資格者が記されておらず、購入時に本人確認も行われないもの

以上は今回の法律の対象外です。

また、どうしても行けなくなった場合に、

チケットを公式に運営されているリセールサイトに出すことは違法ではありません。

その際は正規の価格で必要としている人に譲ることになるでしょう。

購入する側も、オークションなどで不正に価格を吊り上げられたものを買ったり、

転売目的の違法な出品者からチケットを買うことはできなくなります。

スポンサーリンク

 

未成年が知らずにだまされることがないよう、

チケットの購入は保護者の目の届くところでするようにしましょう。

 

リセールサイトを探すときも、アーティストからの承認を得た公式なサイトであるか

確認してから利用するようにしましょう。

 

チケット不正転売禁止法のメリット

このような法律が作られた背景には、

興行を行うアーティストなどの権利が侵害されていることや、

消費者間のトラブルが多発していることが挙げられます。

 

未成年が高額チケット購入のために売春したり、

お金を振り込んだのにチケットが手に入らなかったりといった問題は今後減っていくでしょう。

 

また、あなたの好きなアーティストも、

正しい経路で購入されたチケットで観に来てくれたほうがきっとうれしいはずです。

 

転売されるために大量購入され、買い手がつかず結局がらがら、

という状況も防げます。

 

そして、「転売ヤー」と呼ばれる人たちが高額転売で得たお金は、

反社会勢力の活動資金になることもあるので、それも防げると思われます。

 

今回の法律は、アーティストや一般消費者を守るためのものでもあるのです。

チケットは正しい方法で購入し、万一行けなくなった場合はリセールなどを利用しましょう。

 

今後に期待されること

私もライブに行くことがよくあるのですが、

ライブのチケットの入手は興行日の2か月ほど前だったりすることもありますよね。

スポンサーリンク

 

人気のライブのチケットを運よく入手できたのですが、都合により行けなくなったことがありました。

 

リセールもあったのですが、それ自体がチケット購入後あまり経っていない時期で、

行けなくなったことが分かった3週間前にはもうリセールにも出せない状態でした。

 

ライブに行けない事情ができるのは、3日前などぎりぎりであることが多いです。

また、行きたい人で会場近くの人は、当日であってもチケットを入手したいですよね。

 

リセールの期間も延長されるなどして、適正価格で空席ができないように売買されるといいですね。

また、高額転売が広まったために身分証明書提示などの確認が強化され、

入場に多くの時間を取られるようになってしまいました。

 

たまたま身分証明書を忘れたために、チケットがあるのに会場に入れない人も。

 

セキュリティが高められるのはよいことですが、

行き過ぎるとライブ自体から足が遠のいてしまうこともあるでしょう。

 

不正転売がなくなれば、アーティストもお客側ももっと気持ちよくその日を迎えられそうですね。

 

まとめ

今後はオークションサイトなどでチケットを買わないように注意しましょう。

 

そして、正規のルートで購入したチケットで

気持ちよくライブを観戦しましょう。

スポンサーリンク