夏休みに子供を預ける様々な方法とは?働く親に代わって子供を見てもらう手段


夏になると、子供は夏休みに突入します。しかし親が働いていると、子供だけで家に居させるよりもどこかに預かっておいてほしいと思う家庭も多いようです。

また夏休みが長すぎると感じている人もいるようで、中には学校があったら助かるのにと思っている親御さんもいるとのこと。

今日はそんな親御さんが夏休みに子供を預ける様々な方法をご紹介します。



夏休みだけ子供を預ける方法

親にとっては夏休みも冬休みも関係なく普通に仕事があって、休日にしか家にいられないことに変わりはありません。

そのため夏休みは子供にとって楽しみかもしれませんが、家に子供が一人でいる時間が長くなるという点からどこかに預けたいと考える親が多いのも事実です。

子供を預ける、と考えた時に最初に思い浮かぶだろう「学童」ですが、こちらは同じ理由で多くの家庭が申し込みをしているケースが想定できます。

そのため、学童に子供を預けたい声が集中して受け入れてもらうことができなかったりする場合が多くあります。

また子供が学童は嫌だというかもしれません。

そんなこと言ったって、子供はどこかに預けたい!と思う家庭のために、今回は学童以外の方法で子供を預ける方法をいくつか紹介します。

身内を頼る

たとえば祖父母が近くに住んでいたり、身内で子供の面倒を見てくれそうな人がいたら、頼んでみてはどうでしょうか。

よほど子供が嫌いとか、関係が悪くない限り、そんなに断られることもない方法かと思います。

メリットは身内に預けることで安心できる点や、費用がかからない点、頼みやすい点や融通が利く点など、身内ならではの頼り方ができるところにあります。

デメリットとしては、預けた相手が子供の世話につきっきりになり、他のことに着手できなくなってしまう点です。

相手も身内のため断りにくいこともあるかと思いますので、頼りっきりにするのも考え物です。

塾に通わせる

小学生や中学生くらいの年齢になると、夏休みならではの夏期講習などが実施されている塾に夏休みの間だけ通わせることが可能です。

子供の夏休みを勉強に充てることができ、親は安心して働くことができるため、将来の進路などにも有利に働く方法と言えます。

夏休みの宿題への意欲向上や、塾で新しい友達の輪が広がる可能性もあるため、一人で自宅で過ごさせるよりも良い預け方です。

 

短期留学

夏休みという長期的な休みを利用したイベントに参加させるのも、効果的な方法と言えます。

費用が発生する方法ではありますが、たとえば子供を短期留学に出すといった方法なら子供の将来にも大きな影響を及ぼし良い経験にもなります。

小学生向けの短期留学プログラムなども数多くあり、費用も様々なので一度調べてみるのもいいかもしれません。

子供にとっても大きな経験となり、成長することは言うまでもありません。

夏休みという機会に留学に出して、親は普通に仕事をして生活することは少し不安かもしれませんが、しっかりと計画された安心できる留学プログラムを選ぶことでその不安も軽減できます。

 

その他の預け方

留学や塾は、本人が嫌がっているとなかなか行かせることが難しいのも事実です。

またお願いできる身内が近所に居ない場合は、なかなか頼みにくくなってしまいます。

学童に預けることもできない、そんな時には児童館などの自治体施設を利用してみるのがよさそうです。

児童館で一日過ごす中では、室内外での遊びやゲーム、漫画など子供にとってうれしい設備が充実しています。

また児童館は大人の監視もしっかり整っているため安心できます。

近くにどのような施設があるのか、一度調べてみるのもいいかもしれません。

まとめ

せっかくの夏休み、子供とずっと一緒にいることが難しい家庭も増えています。

そんな場合には、子供の将来にも活きるような生活をする方が、長期休暇を有意義に過ごせることは言うまでもありません。

スポンサーリンク

例えば塾で夏期講習を受ける、またお金はかかりますが短期留学に行かせるなど、子供に学校だけでは学べないものを学習させる期間として最適です。

それがどうしても嫌だということであれば、身内にお願いしてみたり、それも難しければ児童館など自治体が運営する施設を利用するのも良いでしょう。

その他、調べてみると地域ごとに様々なイベントや施設があるので、積極的に利用してみるのもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク