花粉症。。。めっちゃつらいですよね。
僕も毎日鼻をかんで、目をこすり、目を洗いたい、鼻を洗いたいという気持ちの中花粉症と戦っております。

そんななかで、世間の花粉症対策とか症状ってどんなもんなんや!?って気になったので調べてみました!

調査対象は20代~50代の男女140名です!

花粉症歴と以下の内容から当てはまる症状を選択(※複数選択可)にて選択してもらい集計いたしました。

・目がかゆい等の目の症状
・花が詰まる、くしゃみが出るなどの鼻の症状
・頭が痛い、発熱等の内部的な症状
・咳が出る、のどが晴れるなどの喉の症状
・その他

以上5点です。
ちなみに以上その他を除く4点すべてにチェックを入れた人は8名でした。
120名中8名となると、6%ですね。花粉症の方の6%は上記4点の症状を持っていると考えると恐ろしいですね。

まずは花粉症歴順に花粉症にどのような対策を取っているのか聞いてみました!

Sponsord Links

花粉症「6年以上」の方の対策

20代女性

【20代女性】
その他:粘膜が晴れる。皮膚がかぶれる。皮膚の薄いところが水膨れのようになれる。涙袋があまりにもひどいとパンパンになる。

花粉症対策:ヨーグルトは常に食べる(効いているかは不明)/マスクは絶対。洗濯物はできるだけ、部屋干し(ひどい時期)/空気清浄機は使う/皮膚は、皮膚科にもらった薬を塗る/アルガード、強め、クール系の目薬は絶対持っておく、メンソレータムを鼻の下に塗る。/とにかく睡眠をとる。/


30代女性

【30代女性】
花粉が肌に付いても痒くなるので、外に出る時はできるだけ肌の露出を防げるような服装を心がけています。
帰宅したら着ていた服はすぐ脱ぎますが、その際に服は裏返しにし、付いてしまった花粉が再び飛散しないようにします。
洗濯は夕方〜夜に行い寝室に干しています。寝ている間に鼻が詰り、どうしても口呼吸になるので加湿目的です。個人的にはこの時期に加湿器を使うより、夜干しの方がほどよく乾燥が防げて好きです。


30代女性

【30代女性】
外出の際は必ずマスクを装着します。
帰宅の際は、服や体に付着した花粉を玄関で払い落とします。
室内にいても目がかゆかったり、のどがかゆくなったりするので加湿をしたり、寝る際に掛布団を頭までかぶったりしています。
先日、花粉キャッチ効果のあるレースカーテンも購入しました。
寝る前には毎晩、アレグラを服用しています。


40代女性

【40代女性】
4月頃から酷くなり5月いピークを迎えるので、2月から抗ヒスタミン薬を飲み始めています。兎に角、症状が出る前に予防することですね。今日は花粉が多く飛んでいると天気予報で聞いた日は外出前に目薬をさしています。私の場合、症状が出てからはおさまるまで時間がかかるし辛いので、出る前出る前に、なるべく予防するようにしています。


40代男性

【40代男性】
私の花粉症の症状は鼻炎のみなので、鼻炎のカプセルタイプの薬をシーズン中は飲むことで、楽に過ごせています。また、シーズン中は布団を干さない、洗濯物も外で干さない、風の強い日は窓を開けない、車は窓を開けず内規循環にするなど、自分でコントロールできる環境ではなるべく花粉を室内に取り込まないように対策しています。


30代男性

【30代男性】
処方された錠剤と点眼薬。
それでも症状は出ますが、目は痒くても絶対触らないと決めてます。
どうしてもダメなときは冷たいタオルを痒みが落ち着くまで当てます。
それと、鼻がつまったらメンソールのリップクリームを鼻に塗るといいですよ。
ちなみにかみすぎてカサカサした鼻にも効果があります。


20代女性

【20代女性】
色々なサプリや市販の薬を試しましたが全く効かず。しかし1年前の2月に耳鼻科で処方された薬が体にあっていたのか、去年、今年と症状がほとんどでていません!2月になって、少しでもムズムズしたらすぐに耳鼻科に行くようにしています。けれどマスクは必須です。毎日かかさずしています。


20代男性

【20代男性】
私が花粉対策でしている事は、まずは鼻にスプレーする薬を鼻の中にかけます。それか、アレグラという、アレルギー症状を抑えてくれる薬を飲むことです。あとは外に出る時は必ずマスクをすること。家では、選択物を片付ける時に、出来るだけ多く外でパタパタして花粉を振り払うことです。


40代女性

【40代女性】
食生活を改善するといいと聞きましたがなかなか無理なのでファンケルのサプリと鼻スプレーを使用してなんとかカバーしていますが、外出する際はマスクをしています。
花粉が多い日は極力外出しないようにしています。
当たり前ですが洗濯ものは外干ししてません。


50代男性

【50代以上男性】
元来、秋口の冷たい空気でも鼻水やくしゃみが止まらなくなるので、毎年9月ごろから飲み薬を服用しています。1年の半分ぐらいは薬のお世話になっています。目は目薬で対応しています。特に症状が悪化した時にはかかりつけの耳鼻科を受診しています。

花粉症「3年~5年」の方の対策

30代女性

【30代女性】
ここ数年で体質が変わったのか症状がでるようになりました。
今年は特にひどいため、点鼻や点眼薬を常に持ち歩いています。
また鼻をガードするため、花の穴にワセリンを塗っています。
花粉をガードするだけでなく、荒れた部分の保湿にもなるのでおススメです。


40代女性

【40代女性】
メガネをかけてマスクをしています。効果のほどはわかりません。夜になるとのどがかゆくなり、夜はかゆみを抑えるために、飲み物を枕もとにおいて、飲みながら寝ています。少しかゆみが治まるような気がします。


30代女性

【30代女性】
ジャバラという柑橘を食べると症状が和らぐと聞き実践中です。ここ1.2年かなり症状が和らいでいます。ジャバラジュースやジャバラはネットで、ジャバラが入ったのど飴はコンビニで買えます!


40代女性

【40代女性】
花粉が目に入るのか目が真っ赤に腫れかゆい。風の強い日はくしゃみと鼻水が止まらないので鼻の皮がむけてしまう。喉から花粉が体の中に入るので、お腹が痛くなって歩くのがつらくなる。


30代男性

【30代男性】
外出時には必ずマスクを着用し、帰宅時には手洗いとうがいを忘れないようにします。目がかゆくなることが多いので、眼科にいって抗アレルギーの目薬をもらって定期的にさしています。


10代男性

【10代男性】
花粉が飛んでいるとくしゃみが止まらなくなるので、マスクをつけるようにしています。マスクをつけていても完全に防ぐことはできないので、周囲の人に対する配慮でもあります。


30代女性

【30代女性】
花粉症の薬を飲んでマスクは常にしています。
コンタクトなのですが、目がかゆくてたまらなくなるので酷い時期は眼鏡にするようにして、こまめに目の洗浄をしています。


40代女性

【40代女性】
咳喘息を誘発してしまうので咳にはレルベアを使い、肌のかゆみには最初オイラックスで対処していましたが、1年ほど前から飲み薬のフェキソフェナジンを使っています。


30代女性

【30代女性】
花粉の季節に外に出ると、目が痒くなり涙目になります。あとは、くしゃみがいつもより多くなるので、外出する際はマスクして出掛けるようにしています。


30代男性

【30代男性】
鼻用のスプレーですね。一回の使用で3時間ほど持続しますので、仕事中などに重宝しています。話す仕事ですので鼻が詰まったりするのはマズいですし。


20代女性

【20代女性】
県外にいるとき花粉症の診断をされました。とりあえず転職で地元に戻ると殆ど治りましたが、多少のムズムズは出るのでマスクはしています。あとはヨーグルトを食べて、紅ふうきというお茶が良いそうなので、ティーパックタイプで飲んだ後も出涸らしをお風呂に入れて対策しています。

花粉症「1年~2年」の方の対策

20代男性

【20代男性】
私の花粉症対策は、花粉が飛来する時期の前に、耳鼻咽喉科に通院し薬を飲み始めることです。
これを始めてから、本格的な花粉症の時期に、ずいぶんと症状が軽くなりました。
マスクやうがい、洗濯物の室内干しなども必須対策です。


50代男性

【50代以上男性】
今年から急に眼がかゆくなりました。何十年来の花粉症持ちである妻からは「花粉症だから薬を飲みなさい」と言われていますが花粉症だと認めたくない私は薬を飲まず、ひたすら我慢しています。その内花粉の方であきらめるでしょう。


40代男性

【40代男性】
喉が痛くなるなどの症状は出たことはありませんが、時々目が痒くなったりすることがあります。その時は、なるべく花粉がつかないようにマスクなどで完全防護しています。
元祖的な対処療法ですが、効果があります。


50代男性

【50代以上男性】
昨年くらいから、鼻水と頭の重い感じの症状が始まり、花粉症を自覚しだしましたので、付け焼き刃の対処法として、表面がツルツルした素材の上着を外出時に羽織るようにし、帰宅後の洗顔をしています。


40代女性

【40代女性】
花粉症の症状で一番の悩みは鼻水が止まらないことです。特に仕事中などは「ナザール」という点鼻薬で一時的に予防しますが、それよりも効果的なのは「馬油」を綿棒で鼻の穴の中に塗る事です。


40代女性

【40代女性】
花粉症に効くと聞いた甜茶を飲んでますが、効くかな?くらいの効果です。花粉症の為にではなく始めた美顔鍼がなぜか花粉症に効いたので、今は花粉症コースで打ってもらっています。


30代男性

【30代男性】
目の痒さと鼻水の症状か出ますが、市販の花粉対策用目薬と、家に帰ったらアイボン等で洗浄する。また点鼻薬も常に携帯し、時間が空いた時にこまめにさすようにしている。


20代女性

【20代女性】
鼻スプレーを購入し、鼻に噴射したあとすぐに鼻をかむこと。鼻スプレーで鼻の中を洗い流すイメージでしています。また、伊達メガネをかけて花粉を防いでいます。


30代女性

【30代女性】
鼻水やくしゃみが出るのでマスクをします。それと鼻水にはタンパク質を分解する働きがあるので、肌がかぶれないように気をつけてクリームも塗ったりしています。

まとめ

あたりまえですが、1年目の方と6年以上の方の花粉症対策は全く違いますね。
6年以上の方は病院に行く方も多い中、1年目の方は割とライトな対策が多い印象です。

今回120名に調査をした結果は以下の通りです。
1年~2年目:29名(約20%)
3年~5年目:27名(約19%)
6年以上:84名(約61)

こうしてみると140名という母数が少ないのか、そもそも花粉症6年以上の方が多いのか、調査結果が偏っていますね。
しかし!!大先輩の対策に間違いなしです!

症状別の結果は以下のようになりました。
・目がかゆい等の目の症状:117名
・鼻が詰まる、くしゃみが出るなどの鼻の症状:127名
・頭が痛い、熱が出るなどの内部的な症状:23名
・咳が出る、喉が腫れる等の喉の症状:38名

複数選択をしてもらっているため、140名という数字以上に信頼性の高い数字になっているかと思います。
その中で思うのは、やはり鼻と目の症状が圧倒的に多いですね!

この結果から思う事は、花粉症からはとりあえず目と鼻の対策をしっかりとって事ですね!

スポンサーリンク