みなさんこんにちは!
ごく普通の会社員です!

今回は国会をボイコットで遅延させたり、審議をせずに安倍総理を追求したりしている野党について書いて行きます。

この野党ですが、実は国会には無くてはならない存在なんですね。
野党が無いと、すこし怖い未来になるかもしれません。

ということで、今回は”野党の役割や目的って何?バカで無能な野党は本当にいらない?”と題し、以下の5点について書いていこうと思います。

  • 野党の目的とは
  • 野党の役割とは
  • 現野党がバカで無能と言われる理由とは?
  • 本当に野党はいらないのか。
  • 野党の見本は日本維新の会

それでは本題に入っていきましょう!

野党の目的とは

そもそも野党の目的とは何なのでしょうか。
私は大前提、野党の目的とは、政治を通じ日本をより良くする事だと思っています。
では、そもそも野党とはなんぞや?という事を説明しようと思います。

  • 与党とは国会で過半数の議席を取得した政党の事
  • 野党とは、与党以外の政党のこと

実際はもっと詳しい定義がありますが、簡単に言うと以上のような形になります。
では続いて、野党の役割を見ていきましょう!

野党の役割とは

では、野党の役割とはなんなのでしょうか?
あなたは考えたことありますか?

今の野党が本当に嫌いすぎてなんでも良い。とは言わずに一度野党の役割を考えてみましょう。

野党の役割は以下のような事があります。

  • 与党が発した法案について、議論・代案を出す。
  • 行政が偏らないようにする。
  • 与党が間違えを起こさないように、批判し監視する。
  • 政権交代をし、国会に新たな風を吹かせる

順番に見ていきましょう!

与党が発した法案について、議論・代案を出す。

そもそも、与党の仕事とは、予算案や法案を作って可決させることなんですね。
ただ、この予算案や法案には、不備があるかもしれません。
また、この予算案や法案には、もっと良くなる可能性があるかもしれない。
だから、野党はこの予算案や法案をつついてブラッシュアップするキッカケを作るんですね。

行政が偏らないようにする。

野党がいないとどうなると思いますか?
邪魔者がいなくなった与党が、しっかりと政治をしてくれると思いますか?

正直な話、野党がいないと、与党が思ったとおりの予算案や法案を可決することが出来ます。
これって実はめちゃくちゃ怖いことなんですね。

しかし野党がいると、それを防ぐことが出来る。
野党がいることで、与党の暴走を防ぎ権力が偏らないようにすることができます。

なのでもし、与党が権力を持って政治が偏った場合、野党の力不足だったということになります。

与党が間違えを起こさないように、批判し監視する。

これは、上記にも通じますが、与党が誤った方向に行かないように正すのも野党の役割なんですね。
野党は常に的を得たレベルの高い的確な批判をすることで、国民に与党は間違っていると気づかせることができます。

そうなれば、総選挙の時にで政権交代をすることが出来、与党の間違いを正すことが出来ると言えます。
また野党には不信任案を提出できるという権利がある。

野党は内閣が駄目だ!って思った時に国会で不信任案を提出することが出来ます。
この時、過半数以上の賛成があれば、内閣は10日以内に以下の選択をしないといけないんですね。

  • 内閣の総辞職
  • 衆議院の解散

しかし実際は、いずれを選んでも結果的に内閣を総辞職することに変わりは無いんです。
なので、時の総理は不信任案が可決された時に、必ずと行ってもいいほど、衆議院解散をさせます。

そうなれば、国会の過半数以上が内閣に対し不信を持っているということにもなので、選挙後は国会に新たな風が吹く可能性が高いですよね。

内閣不信任案というのは、的確に使うことができれば一気に野党に追い風を吹かせる事ができるんですね。

政権交代をし、国会に新たな風を吹かせる

しかしそうは言っても、与党が予算案や法案で行き詰まった場合どうするか。
また、与党が間違った行動をした場合どうするか。

野党は上記のように不信任案を提出することが出来ますよね。
これが可決されれば、十中八九衆議院の総選挙になります。

この時、国民の野党に対する信頼が高いと、政権交代をすることも可能です。
もしそうなったら、野党はこれまで通せなかった法案を通せるようになりますし、予算案なども好きに作ることができます。

現野党がバカで無能と言われる理由とは?

では、何故現野党はバカで無能と言われるのでしょうか。
正直野党として与党を批判をするだけでは、バカや無能とは言われないはずです。

それが本来の仕事なんですから。
私は現野党がバカで無能と言われる理由について以下があると思います。

  • レベルの低い批判をしている
  • 共闘するが失敗している
  • 国会でヤジを飛ばす(議論をしていない)
  • 国会をボイコットする
  • 政策に一貫性がない

順番に見ていきましょう。

レベルの低い批判をしている

批判には国民の関心を与党に向け、与党を監視する役割があるといいました。

しかし、この批判がレベルの低いものだったらどうなるでしょうか。
おそらく、国民の目は与党では無く、レベルの低い批判をしている野党に行くはずです。

野党の仕事は批判をすることと言っても、批判をするのにもレベルの高さを求められるんですね。

共闘するが失敗している

はじめに野党の定義は、与党以外の党とはじめにいいました。
これをより具体的に言うと、国会で過半数の議席を取れなかった党と言い換えることが出来ます。

つまり、与党に太刀打ちしようと思ったら、野党で共闘する必要があります。

かつてヨーロッパは小さい国の集まりで競争力が無い時代がありました。
そこでヨーロッパ連合という形で、共闘しようとしました。

その結果、ヨーロッパの経済は効率的に回り、世界に太刀打ち出来るほどの力を手にしました。

しかし野党はどうでしょうか。
同じ党内で分裂しては合体し、国民は何を信じればいいのかわかりません。

それに、野党ほどの規模でリーダーシップを発揮できない政党や人が、政権交代をしてリーダーシップを取れるのでしょうか。
私は無理だと思います。

国会でヤジを飛ばす(議論をしていない)

これも野党がバカで無能と言われる原因の一つですね。
かつて小学生に国会でヤジが飛んでいる映像を見せたそうです。

すると、その小学生は学級会みたいと言ったみたいですね。
そんな小学生にでもわかることを何故するのでしょうか。

そもそも野党は批判することが仕事で、ヤジは仕事ではありません。
ヤジを飛ばすなら、頭を使って代案やレベルの高い批判をすべきではないでしょうか。

国会をボイコットする

これは、日本国民が本当に憤りを覚えていると思います。
さすがに、あのタイミングでは税金ドロボーと言われても仕方ないですからね。

正直私は野党がボイコットすること自体は、国会戦略として有りだと思います。

というのも、法案というものは衆議院と参議院共に過半数以上で可決されなければいけません。
しかし、衆議院で通ったものの、参議院で否決された場合、今度は衆議院に差し戻され3分の2以上の賛成が無いと可決されないようになっています。

この時に与党も野党も譲らず、議論が進まなくて野党がボイコットするなら話はわかります。
しかしなんでも無い時に、只自分たちの思い通りにいかないからボイコットというのは、ダダをコネル子供にしか見えません。

以下の記事では野党にかかっているお金や、無駄にしているお金について書いています。

政策に一貫性がない

そもそも野党の政策には一貫性がありません。

なぜなら、時の首相や内閣の大臣の揚げ足を取ることしか考えてないからですね。
その結果、その場その場で批判をするので、政策がブレブレになります。

私は、これがレベルの低い批判の事だと思っています。

そもそも野党はこれからの日本をこうします!
といった明確なビジョンや政策がある上で批判をするべきなんですよね。

今の批判はただのイチャモンです。

本当に野党はいらないのか。

それでは野党は本当にいらないのでしょうか。

私は野党とは本来国会で不可欠な存在であるとおもいます。

というのも、与党のライバルが野党だとした時に、ライバルが弱いと与党のレベルは上がりません。
例えば、ポケモンでシゲルが弱かったら、主人公のレベルは上がらないと思います。

レベルの高い野党があって初めて、国会が本当の意味で機能するんですね。

なのでそのためには、野党は再度その役割をしっかりと意識していくべきだと思います。

まずは、政策に一貫性をもたせ、その上で与党を批判し監視する。
そして国民に将来のビジョンを明確にイメージさせた上で、野党で一致団結し政権交代をする。

正直、ネットが普及している今、国民はメディアに踊らされる事も無くなっています。
だからこそ、野党は自身のレベルを上げ、国民に信頼してもらい、最後の手段として政権交代を目指すべきなのではないでしょうか。

野党の見本は日本維新の会

私はそんな現野党の中にも、見本となるような政党が一つだけあると思います。
それは、日本維新の会です。

日本維新の会は、上記で書いた野党としての役割を全て兼ね備えています。
先日野党が国会をボイコットしましたが、野党の中で唯一ボイコットしなかったのは、日本維新の会だけなんですね。

それに日本維新の会は、ボイコット期間中各野党に国会に出席するように言っていたそうですし、与党にもこれ以上野党に振り回されないようにと言っていたみたいです。

日本維新の会がこのような事をできるのは、野党として真面目に仕事をしている事の裏返しでは無いでしょうか。
他の野党も日本維新の会を見習ってほしいものですね。

まとめ

“野党の役割や目的って何?バカで無能な野党は本当にいらない?”について書いてきましたがどうでしたでしょうか!

この記事の内容をまとめてみましょう!

  • 野党の目的
    ⇒政治を通じ日本をより良くし、時には政権交代をし、国会に新たな風を吹かせる事。
  • 野党の役割
    ⇒与党を批判し監視することや、予算案や法案を議論・代案提出などで、ブラッシュアップするキッカケをつくる。
  • 現野党がバカで無能と言われる理由
    ⇒目的や役割がよくわからない上に、野党共闘にも失敗しているから。
  • 今の野党がすべき事
    ⇒森友問題でも加計学園問題でもない。しっかりとした仕事をすること。
    ⇒そうすることで、国民の野党に対する信頼が上がっていき、国会での影響力も上がってくる。

以上。ごく普通の会社員でした。

よかったら以下の記事も一緒にいかが?
野党がどれだけ国費を無駄にしているかがわかります。

スポンサーリンク