オウムアムアの現在の位置や軌道は?正体は宇宙人のUFOって本当?

みなさんこんにちは!ごく普通の会社員です!

最近「男の美肌」にはまっていまして、クワトロボタニコからバルクオムというメンズ化粧品に鞍替えしようと思っています。

 

クワトロボタニコ結構いいんですが、乳液にあたるボタニコクリームが50gで3500円っとけっこうするんですよね。

一方でバルクオムは100gで3240円と結構良心的な価格になっています!それに広告もそこまで出していないですし、パッケージも無駄を省いたデザインになっているので、本当に中身にコストをかけているような商品です!

これからの美肌が楽しみですね!

 

っと冒頭日記はこの辺に、ここからはこの記事の目次紹介に入っていきます!

 

2017年に発見された太陽系外からやってきた隕石「オウムアムア」ってご存知ですか?

なんでも最初は太陽系内の彗星や小惑星じゃね??って言われていたんですが、そのうち太陽系外から来た彗星・小惑星じゃね?ってなって、最終的にその変わった形から、宇宙人がのったUFOではないか!!といわれているんですね!

 

気になるその形は40m×400mの円柱状というわけですから、ムム!?確かに通常の惑星とは違う!って思いますよね!

 

現在そのオウムアムアの宇宙人UFO説が再燃し、議論を呼んでいるそうです!

ということで今回は「オウムアムアの現在の位置や軌道は?正体は宇宙人のUFOって本当?」と題し、オウムアムアは現在どこにあるのか!はたまた今後の軌道は!?という気になる点や、正体は宇宙人のUFOなのかという点について調査を進めていきたいと思います!

 

それではさっそく本題に入っていきましょう!

オウムアムアの現在の位置や軌道は?

ではオウムアムアのことが気になる人のそのほとんどが気になる、オウムアムアの現在の位置や軌道についてみていきましょう。

こちらは発見当初のオウムアムアの軌道ですが、初めて発見された2017年10月の段階ではすでに太陽に最接近していたようですね。

その後秒速40キロというスピードで離れていっているようです。

2017年9月5日が太陽最接近の日だとすると、そこから400日ほどになります。

秒速40キロのスピードなので、時速に換算すると14万4000キロというスピードになります。

このことから、オウムアムアは1日換算で345万6000キロ進むことがわかります。

オウムアムアの軌道は太陽に一旦近づいた後太陽系外に離れていくといった軌道になっているので、2017年9月5日に最接近した後は、離れていくのみです。

現在太陽最接近から約400日ということで、現在太陽から13億8240万0000キロ離れた位置にあると思われます。

太陽から海王星の距離が44億9825万2900キロということなので、まだオウムアムアは太陽系を抜けていませんし、抜けるまであと2年ほどということになるでしょうか。

 

ちなみに、太陽から土星までが14億2940万0000キロといわれているので、2018年11月現在オウムアムアは土星の軌道付近にいて、太陽系外に向かっているということができますね!

ちなみに誤解がないように言っておくと、この14億2940万0000キロという距離、太陽と地球の約10倍の距離で、光の速度で行ったとしても1時間以上かかる距離です。

 

結論オウムアムアは、太陽系内にいるけど結構離れたところにいるってイメージでしょうか!

オウムアムアは宇宙人のUFO説って本当!?

2017年に見つけられオウムアムアですが、今回オウムアムアは宇宙人のUFOでは!?と議論が再燃したのは、アメリカハーバード大学が、やっぱりオウムアムアは宇宙人のUFOかも!!って言いだしたからなんですね!

【AFP=時事】観測史上初めて太陽系外から飛来した小惑星と2017年に認定された「オウムアムア(Oumuamua)」について、米ハーバード大学(Harvard University)の研究者らが今週、地球外生命体(エイリアン)から送り込まれた「探査機」である可能性に言及し、注目を集めている。ただ、ほかの専門家からは懐疑的な見方が出ている。
出展:ライブドアニュース

世界的に有名なハーバード大学が、いきなりそんなことを言うと、普通の人からすると、十分信頼できるという事になってしまいます。

 

このオウムアムアは宇宙人のUFO説!というのは、発見当初から言われていたことで、SF映画に出てきそうなその独特なフィルムから、自然界ではありえない形=宇宙人のUFOでは!?っといわれていたんですね。

スポンサーリンク

実際にオウムアムアのイメージ図を見てみると、確かに宇宙人のUFOと見ることのできるポイントが多いように思います。

 

ただ私が不思議に思うのが、仮にこれが宇宙人のUFOだった場合、速度遅くない!?って思ってしまうんですよね。

人工物として地球から一番離れた位置にあるボイジャー1号でさえ、秒速17キロというスピードです。

 

個人的な偏見かもしれませんが、宇宙人はもっと高度な技術を持っていて、光の速度並みの宇宙船を持っていて、瞬間移動できる機能も持っていてなどというイメージがあります。

ですから、今回SF映画に出てきそうなその独特なフィルムだから宇宙人のUFOと言い切れないのでは?とも思います。

 

それにUFOの速度だけで技術力を判断するわけではありませんが、仮に宇宙人のUFOだった場合、秒速20kmを出せる地球人と秒速40キロを出せる宇宙人の技術って結構似ている気がします。

 

もしかしたらZOZOの前澤さんの月周回ツアーではありませんが、宇宙人も太陽系ツアーと称し、太陽系外からただただ太陽系を見るために来た宇宙人が乗っているのかもしれませんね!

まとめ

今回オウムアムアの現在の位置や軌道は?正体は宇宙人のUFOって本当?と題し書いてきましたがいかがでしたでしょうか!

 

オウムアムアは宇宙人のUFO説!?という部分については、妄想全開で書かせていただいたわけですが、現在の位置や軌道についてはしっかりと計算をして算出したつもりです。

 

オウムアムアの現在の位置や軌道をおさらいすると、現在オウムアムアは木星の軌道付近に差し掛かっており、秒速40キロで太陽系外に抜けていくと予想されています。

木星までの距離は約14億キロで、太陽と地球の距離の10倍ほどありますし、光の速度でも1時間以上かかってしまう事から、現在オウムアムアは結構離れた位置にいるものと思われます。

 

またオウムアムアが仮に宇宙人のUFOだった場合、そこまで地球人と技術が離れているわけではないのかなーと思いました。

恐らく200年先の人類の技術をもっているくらいでしょうか?

 

オウムアムアの正体は神のみぞ知るといった具合ですが、一般人からしたら、宇宙人が本当にいたのか!?という妄想を膨らませるまたとない機会です!

今後ハーバード大学のような大きな研究機関がオウムアムアの正体を結論付けてくれるでしょう!

 

スポンサーリンク