北千住通り魔犯人の犯行動機や理由がやばい!名前と顔画像も!

みなさんこんにちは!ごく普通の会社員です!

 

ちょっと衝撃的なニュースが入ってきましたね。

東京都足立区の北千住駅で70代の女性が50代の男性に刺されたという事です。

 

北千住駅は世界的に見ても乗降客数が多い駅として有名で、そのランキングはなんと世界6位といわれています。

 

そんな北千住駅で通り魔が発生したという事で、ネットでは非常に注目を集めている事件といえます。

警察は今回被害を受けた女性と、危害を加えた男性の関係について面識はないとしていますが、そうだった場合犯行動機はなんなのでしょうか?

 

また今回北千住駅前で犯行を起こした犯人の名前や顔画像は出ているのでしょうか。

ということで今回北千住通り魔犯人の犯行動機や理由がやばい!名前と顔画像も!と題し書いていきたいと思います。



北千住駅通り魔犯人の犯行動機や理由は?

ではまず北千住駅で起こった通り魔事件の詳細を見ていきましょう。

 12日昼過ぎ、東京・足立区の北千住駅前で50代の男がいきなり刃物のようなもので歩いていた70代の女性の背中を刺し、現行犯逮捕されました。現場の北千住駅前から報告です。

10分ほど前まで、鑑識活動が行われていましたが、現在、路上に残された血を洗い流す作業が終えられたところです。現場はまさしく駅の目の前ということで、多くの人が足を止め、一時当たりは騒然としました。

「(男は)連れて行かれて車に乗せられて、両脇抱えて、5~6人の警察官だと思う。オレンジ色のTシャツに中肉中背だった。すごく怖いです。私いつもこのバス利用するから」(目撃者)

12日午後0時40分ごろ、足立区の北千住駅の西口で歩いていた70代とみられる女性が、男にいきなり背中を刃物のようなもので刺されました。女性は重傷とみられますが、命に別状はないということです。

男は50代で、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。2人に面識はないとみられ、警視庁は当時の状況を詳しく調べています。

ニュース記事をまとめると以下のようになります。

  • 犯行現場は北千住駅で、犯行時刻は12日12時40分ごろ
  • 犯人は50代の男性でオレンジ色のTシャツを着ており、中肉中背
  • 被害女性は70代女性で重傷だが命に別状はない

最近は通り魔といった事件が起こっていなかっただけに、今回北千住駅という大きな駅でそれもお昼の人が多い時間帯に事件が起こって驚いた方も多いのではないでしょうか。

また被害女性が70代の女性という事で、明らかに自分よりも弱いものを狙っていることがわかることから、今回の事件は相当悪質であることがわかります。

 

ではなぜ犯人は犯行に及んでしまったのでしょうか。

 

記憶に新しい1999年に起こった池袋通り魔事件の犯人の犯行動機や理由は、「人生に絶望し、またどうしようもない環境的な不平等にイライラしたため」とされています。

また記憶に新しい秋葉原の通り魔事件でも犯人の動機や理由は、人生や社会における不平等感からの自暴自棄事件の原因だったともいわれています。

 

考えてもみれば普通の人間なら自分よりも弱くて関係のない人を傷つけようなんて思いませんよね?

ですがそのような人を傷付けてまで、世間に自分を気付かせたい。恐れおののいてほしい。といった自己顕示欲があったとすれば。犯人の動機に説明がつくと思われます。

 

普通の人間なら到底理解はできないですが、人生や社会に本当に絶望しイライラが常に積もっていたから、今回犯人は事件を起こしたものと思われます。

北千住通り魔事件犯人の名前や顔画像は?

では現在北千住駅通り魔事件犯人の名前や顔画像について、情報は出ているのでしょうか。

今回様々なニュースサイトやSNSを調査してみましたが、この犯人の名前や顔画像とみられるものを見つけるに至りませんでした。

 

しかしながら現在警察が犯人の動機等を調べているところで、容疑が固まり次第ニュース番組で名前と顔画像が公表されるものと思われます。

 

こちらについて今後情報が入り次第追記いたします。

犯行現場は北千住駅前のどこ?

では続いて今回北千住駅で起こった通り魔事件の詳細な事件現場についてみていきたいと思います。

北千住駅前といっても都内で結構大きな駅のためとても広くなっています。

 

そんな中SNS等で犯行現場の調査をしたところ、北千住駅前のマルイの前であることがわかりました。

ストリートビューで見てみると以下のような場所になります。

犯行現場はマルイの前の歩道橋の下という事で歩道橋の上ほど人は多くないと思われます。

犯人は犯罪を起こして自分を世間に知らしめたい!といった犯行動機や理由があった一方で、大通りなどではすぐに捕まる恐れがあるので避けたと考えることもできるのでしょうか。

そう考えると犯人は事件を起こす一歩前に少したじろいてしまい、結果的に1名の負傷者に住んだのかもしれません。

 

犯人の心理的にこれがもし歩道橋の上で起こったとしたら、もう数人負傷者が出ていたと考えることもできるのかもしれませんね。

ネットの声

まとめ

今回北千住通り魔犯人の犯行動機や理由がやばい!名前と顔画像も!と題し書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

 

北千住駅は世界でも有数の乗降者数を誇る大きな駅です。

そのような場所で今回のような通り魔事件が起こったという事で、大勢の方が驚いていますね。

 

犯人の名前や顔画像については現在不明ですが、犯行動機についてはおそらく人生に絶望したなどといった、身勝手な事である可能性が高いと思われます。

今後この事件について情報が入り次第追記いたしますが、今後移民が増えて同じような事件が起こらないと良いなーと、しみじみ思う管理人でした。

 

以上。ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク