今西貴大の顔画像やFACEBOOKと勤務先を特定!犯行動機も調査!

みなさんこんにちは!ごく普通の会社員です!

またまた痛ましい事件が起きてしまいましたね。

 

昨年12月16日に自身の娘を虐待により亡くならせた疑いで父親の今西貴大容疑者が逮捕されたそうです。

 

虐待のニュースが少なくなってきたと思っていたら、また虐待で逮捕ということでやるせなくなってきますね。

 

しかしそれにしても昨年の12月に事件が起こったのですが、今西貴大容疑者が逮捕されたのは今月11月に入ってから。何故なのでしょうか。

 

警察が今西貴大容疑者の逮捕状を取るのに手間取っていたからなのでしょうか。

いろいろと疑問点があるこのニュースですが、今回は今西貴大の顔画像やFACEBOOKと勤務先は?犯行動機も調査!と題し書いていきたいと思います!

 

それではさっそく本題に入っていきましょう!

今西貴大の顔画像やFACEBOOKは?

では自身の娘を虐待により亡くならせた疑いで、11月27日に逮捕された今西貴大容疑者の顔画像などについてみていきましょう。

  • 名前:今西貴大
  • 年齢:29歳
  • 住所:大阪府大阪市東淀川区
  • 職業:電気工

今西貴大容疑者顔画像ですが、29歳という年齢もありやんちゃそうな見た目だなーと思うのは私だけでしょうか。

人は見かけで判断してはいけないといいますが、今西貴大容疑者の顔画像を見てみると虐待で娘を亡くならせたということに納得してしまいますね。

 

今西貴大容疑者のFACEBOOKについて調査をしてみましたが、こちらは同姓同名と思しき方はいましたが本人と団的できませんでした。

ただ顔画像や子供の画像がニュース動画のものと同じのため、おそらく高い確率で本人なのかなーーと思います。

 

 

今西貴大容疑者のFACEBOOKと思われるページには、虐待で亡くなったとされる娘の画像もあり、すごく楽しそうに写真をとっています。

 

仮にこのFACEBOOKが今西貴大容疑者本人のものだった場合、本当に今西貴大容疑者が虐待をしたのか?と疑わしい部分が出てきますね。

 

それほど楽しそうに写っています。

今西貴大の勤務先は?

では続いて今西貴大容疑者の勤務先はどこなのでしょうか?

ニュースでは今西貴大容疑者は電気工とされています。

 

となると大阪在住の電気工ということで、関西電力若しくはその下請けという可能性がありそうですね。

 

FACEBOOKはおそらく今西貴大容疑者のもの?という特定にまで至ったのですが、プロフィール欄に何も書かれていなかったので、勤務先情報まではわかりませんでした。

 

しかし仮に高卒で電気工を始めて現在29歳ということなので、年収にして400万円弱はありそうです。

400万円弱あって大阪に住んでいれば、少し我慢すればストレスのない生活ができると思います。

 

それなのになぜ虐待に及んだのか不思議ですね。

今西貴大の犯行動機は?

最後に今西貴大容疑者が虐待に至った動機はなんなのでしょうか。

はたまた動機などなくたまたま事故で娘が亡くなってしまったのでしょうか。

 

警察は現在虐待の疑いで逮捕をしておりますが、具体的な亡くなった原因はわかっていない状況です。

そのためニュース記事でも「頭に何らかの衝撃が」という書き方をしています。

スポンサーリンク

 

それに事件が発生したのは2017年の12月なのに、今西貴大容疑者が逮捕されたのは11月です。

何故裁判所は逮捕状を出さなかったのか。

 

それは裁判所が、亡くなった娘に虐待と思われる外傷がなかったため、事件とできなかったとされるのではないでしょうか。

 

今西貴大容疑者自身も「泣き出したのであやそうとして、布団を羽織って抱きついて転がった」と述べていることから、故意ではなく誤ったあやし方をしてしまった。

その後意識を失って寝ていると思い放置したら、夜息がなかったという事ではないでしょうか。

 

そう考えると不慮の事故で娘が亡くなり、虐待の犯人として仕立て上げられた今西貴大容疑者は何たる不遇というった所でしょうか。

まとめ

今回「今西貴大の顔画像やFACEBOOKと勤務先は?犯行動機も調査!」と題し書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

正直今回の事件本当に今西貴大容疑者が、本当に虐待で自身の娘を亡くならせたのか疑問に思う部分も多くあります。

 

実際警察も死因を特定できておらず、今西貴大容疑者の逮捕状を請求するのに1年弱かかっています。

 

私はおそらく今西貴大容疑者はシロで、誤ったあやし方をしてしまい結果的に娘がなくなったという形ではないかと考えています。

そのため恐らく検察側で不起訴扱いになるのではと思っているのです。

 

以上。ここまでお読みいただきありがとうございました!

 

こちらの記事も一緒に読まれています!

 

スポンサーリンク