箱根仙石原プリンスホテル食中毒で営業再開はいつ?年末年始の営業は?

みなさんこんにちは!ごく普通の会社員です!

年末にちょっと残念なニュースが入ってきましたね。

 

箱根の大型ホテルとして知られている箱根仙石原プリンスホテルで食中毒が発生たそうです。

被害を受けた人は男性13人と女性29人の団体で宿泊していた人だそうです。

 

恐らく箱根仙石原プリンスホテルは箱根カントリークラブに隣接するホテルですから、何かしらのゴルフコンペの会食で発生したと思われます。

 

食中毒の原因は鶏肉を使ったサラダだそうで、そこからノロウイルスが検出されたとのことで、現在は食品衛生法に基づき営業禁止となっています。

 

さてそうなってきたら気になるのが、箱根仙石原プリンスホテルの営業再開時期ではないでしょうか。

これからクリスマスや年末。お正月と箱根のホテルの繁忙期とも言われる時期に入ってきます。

 

それに年始は箱根駅伝もあるので、この箱根仙石原プリンスホテルにとってみたら1年での中でも最大級の繁忙期ということができると思います。

 

ということで今回は箱根仙石原プリンスホテル食中毒で営業再開はいつ?年末年始の営業は?と題し書いていきたいと思います。

それではさっそく本題に入っていきましょう!



箱根仙石原プリンスホテル食中毒で営業再開時期はいつ?

この記事を見てくれているかたは、箱根仙石原プリンスホテルが食中毒で営業を自粛していることについて、いつ営業が再開されるのか気になる方だと思います。

それにはもちろん箱根仙石原プリンスホテルの事が好きで、年末年始やクリスマス時期に宿泊したい方もいらっしゃると思います。

 

そんな方に向けてまずは、箱根仙石原プリンスホテルが食中毒で営業禁止になっているが、営業再開はいつになるのかという点についてみていきたいと思います。

 

箱根仙石原プリンスホテルがノロウイルスで多数の感染者を出したのが、ニュース記事では2日となっています。

その後恐らく翌日に症状が出てホテルに連絡。ホテルが県に連絡したのが4日で、5日から営業を自粛している状態が続いています。

 

そして県が仙石原プリンスホテルに営業禁止を言い渡したのが9日、ということでクリスマス時期や年末年始に営業するのか、非常に微妙なところということができると思います。

 

ちなみに期間の定めがあるものは営業停止処分と言うそうで、3日から1週間で営業が再開するそうですね。

一方で営業禁止処分となると期間の定めがないため、いつまでに営業が再開されるのかは未知数となってしまいます。

営業停止は期間を定めるものを言い(例:営業停止3日間)、期間を定めない場合は営業禁止となる。なお、マスコミ等でしばしば使われる『無期限の営業禁止』というフレーズは、意味が重複する二重表現であり、正しい日本語ではない。

では具体的にいつごろに仙石原プリンスホテルの営業が再開されるのでしょうか。

 

これは別の食中毒事件になりますが、今回営業再開の目安として見ていきます。

2018年9月にすかいらーくグループが運営する魚屋路が食中毒を起こしてしまい、営業停止処分となりました。

原因は生ウニに付着していた腸炎ビブリオ菌とされており、9月3日頃から営業停止処分を受けており、実際に営業再開したのは9月27日とされています。

 

営業停止処分ですら実に営業再開まで24日かかっているので、仙石原プリンスホテルの場合営業禁止処分ということでもっと長くなる可能性も考えられますね。

魚屋路の食中毒事件はこちらから

箱根仙石原プリンスホテルの年末年始の営業は?

では仙石原プリンスホテルの営業開始は年末年始に間に合うのでしょうか。

年末年始を箱根で過ごしたいというとても多く、仙石原プリンスホテルでも繁忙期といえる時期なんですね。

 

しかし上記でも書いた通り営業停止の魚屋路でさえ営業再開には24日もの時間がかかっています。

今回仙石原プリンスホテルが受けた処分は営業禁止処分となっており期間の定めがないものですので、仙石原プリンスホテルの営業停止期間は24日では済まない可能性があります。

スポンサーリンク

 

となれば仙石原プリンスホテルで食中毒が発生したのが12月3日頃ということなので、年末年始の営業にはぎりぎり間に合わない可能性がありますね。

 

しかしながら今回営業禁止処分となった背景には、感染力が非常に強いノロウイルスでの食中毒というのがあると思います。

となればこのノロウイルスが仙石原プリンスホテル内から完全に無くなれば、県の事務所により営業の再開も認められる可能性も僅かながらあるものと思います。

 

全ては仙石原プリンスホテル次第といったところでしょうか。

鶏肉からノロウイルスが発生した理由は?

ノロウイルスといえば普通牡蠣などの貝類を食べたら発症するものという認識がありますが、今回なぜ鶏肉からノロウイルスが発生したのでしょうか。

恐らくですが調理場で牡蠣を調理した人が、鶏肉をそのまま触ってしまったという可能性が考えられるのではと思います。

 

恐らく牡蠣を調理したあとノロウイルスを落とし切れていない状態で、鶏肉を触ってしまいそのままサラダとして盛り付けられたために起こったと考えることができそうですね。

ネットの声

まとめ

今回箱根仙石原プリンスホテル食中毒で営業再開はいつ?年末年始の営業は?と題し書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

箱根といえば年始には箱根駅伝がありますし、沢山の人が押し寄せることが予想されます。

 

ですからこそしっかりとした衛生管理が必要になると思います。

 

今回ノロウイルスで食中毒が発生してしまった箱根仙石原プリンスホテルも、もちろん箱根駅伝目的のお客さんがすでに年末年始の予約を取っていたと思います。

今後年末年始の営業に向けて箱根仙石原プリンスホテル側も尽力すると思いますので、年末年始に営業が再開できるようになるといいですね。

 

以上。ここまでお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク