エミレーツ航空集団体調不良の原因は食中毒?感染症でパンデミック?

みなさんこんにちは!ごく普通の会社員です!

最近会社付近でネットが全く使えなくなったのでWIMAXを契約しました!

これまではスマホでデザリングをしていたんですが、下り23kbpsってせっかくPC持っていても何もできません。

これからはWIMAXでガンガン作業できるーーってなもんですね!

さて今回はエミレーツ航空の集団体調不良事件について書いていこうと思います!

ドバイ発NY便にて、乗客100人が体調不良を訴え、NYに到着したのち救急搬送されたそうです。

現在は原因不明とされているそうですが、完全に外野の私がズバリ原因を考えます!

それではさっそく本題に入っていきましょう!

エミレーツ航空で100人が集団体調不良!?

アメリカ・ニューヨークの空港に到着した旅客機で、体調不良を訴える乗客が相次ぎ、当局が原因を調べている。

2時間ほど前に、ジョン・F・ケネディ国際空港に到着したドバイ発のエミレーツ航空機内で、多くの乗客が体調不良を訴え、地元メディアは、その数がおよそ100人にのぼると伝えている。

40度近い熱が出ている人もいて、衛生当局は、旅客機を隔離して原因を調べている。

ドバイといえば世界一ゴージャスといわれる街です!

というよりもアラブ首長国連邦がゴージャスで、ドバイやアブダビが中でも特にといった感じでしょうか。

そんなドバイに本拠地を置エミレーツ航空で集団体調不良なんて怖いですね。

集団食中毒が出た機体は500人乗り?

今回エミレーツ航空が運用したドバイからNYに行く便はA380という機体で、500人が乗れるといわれております。

集団体調不良ということで真っ先に疑われるのは、ドバイ国内の感染症では?という点。

NYでは体調不良の患者を救急搬送し、隔離して様子を見ているとのことです。

集団体調不良が感染症のパンデミックの可能性は?

NY当局が一番恐れていることは、ドバイ国内の感染症が機内で一気に広がってパンデミックが起こり、NY中に広がることではないでしょうか。

現在ドバイで広がっている感染症は「中東呼吸器症候群」と呼ばれるものらしく、主な症状は発熱や呼吸不全などだそうです。

一部では症状が全くでない方もいるようで、この感染症が広がっている可能性はあるのでしょうか?

集団体調不良の原因は食中毒

今回明らかになっている集団食中毒の症状は40度の熱という点だけ。

またドバイからNYまでは14時間かかるので、夕食と朝食など機内食が数回出ることが想像できます。

となると1回目の機内食の管理はもちろんのこと、2回目の機内食の管理はよりシビアになります。

万が一機内食の管理が行き届いていなかったとすると、食中毒で100人が一気に集団体調不良になった可能性もあるのではないでしょうか。

まとめ

エミレーツ航空集団体調不良の原因は食中毒?感染症でパンデミック?と題し書いてきましたがいかがでしたでしょうか。

航空機で100人が到着直後に体調不良を訴えるなんて、なかなかないと思います。

原因は機内にあると思いますが、感染症なのか食中毒なのか、はたまた違い原因なのか気になりますね。

ひとまず全員の無事を祈りたいところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です