2018年1月から4年ぶりとなるツアーを全国30公演という規模で行う福山雅治。
現在17公演8都市を周り終え、来る2018年4月26日~4月30日のゴールデンウィークに怒涛の4daysをマリンメッセ福岡で行います!

今回はそんなマリンメッセ福岡で行われる福山雅治4Daysのセトリや座席からどう見えるのか!また現在行われているツアーの感想なども載せていきます!

題して「福山雅治ライブ2018福岡セトリ予想!座席展望やツアーの感想は?」

余談ですが、福岡マリンメッセは15,000人収容できるのできます。が、チケットは既に完売。
その人気ぶりが伺えますね。

Sponsord Links

福山雅治ライブ2018広島の詳細

●ツアー名:アサヒスーパードライ presents WE’RE BROS. TOUR2018
●会場:福岡マリンメッセ
住所:福岡県福岡市博多区沖浜町7−1

マリンメッセとの名の通り海辺にあります!
近くに電車が通っていないため、博多駅からバスで移動するのがベターだと思います!

とはいえ、博多駅からタクシーに乗ったとしても1500円もかからない距離です。
二人で移動する場合は一人750円ですし、三人の場合は500円です。

場合によってはタクシーを考えてみるのもいいかもしれませんね!

●日時
2018年4月26日(木)17:30OPEN 18:30START
2018年4月27日(金)17:30OPEN 18:30START
2018年4月29日(日)16:00OPEN 17:00START
2018年4月30日(月)16:00OPEN 17:00START
の怒涛の福岡4daysとなっています!!!

この後追加公演が決まるまでは、本来福岡がラストでしたから、4Daysで終わらせる予定だったのでしょうか!

それにしても、開演17時とはなかなか嬉しいですね!
ライブの時間が2時間半だとしても、まだ19:30!そこから博多の繁華街等で、友人とライブ感想を肴にひたすら飲めますからね!

●チケット
全席指定の9500円のみとなっています!

セットリスト予想

さて福岡マリンメッセ4daysでは福山雅治は何を歌うのか!
気になる所であります!

福山雅治ライブ2018で既に終わっているツアーのセトリ

何の情報も無しに予想するのは流石に、、、って感じなので!ライブツアー2018で既に終了しているライブのセットリストから予想してみましょう!

下記画像データはエクセルでライブツアー2018のセトリをまとめたものです!

こうしてみると結構固定されているのがわかりますね。
全ての公演で1~3曲目と7~9曲目は固定ですし、後半は14~20曲目が固定になっています。
結構変動しているのは13曲目とアンコールでしょうか。
全公演を通じて、全23曲を演奏することが多いみたいですね!

この情報をもとに福岡マリンメッセ公演のセトリを大胆に予想してみました!

1.Revolution//Evolution
2.I am a HERO
3.KISSして
4.生きてる生きてく
5.Soup
6.jazzとHepburnと君と
7.家族になろうよ
8.クスノキ
9.桜坂
10.漂流せよ~Abenida Atlantica~
11.pop star
12.暗闇の中で飛べ
13.Heart
14.HELLO
15.Humbucker vs. Single-Coil
16.HEAVEN
17.GAME
18.聖域
19.少年
20.トモエ学園

アンコール
1.零 -ZERO-
2.虹

ダブルアンコール(福山雅治の気分次第か。。。)
1.道標

完全に独断と偏見によるセトリになりました。
過去のセトリを完全に参考にしてしまった。。

しかーーーし福岡マリンメッセは4Days!本来はラスト公演だったはず!
当日何が起こるのかわからないですよ!

もしかしたら、最初の3公演しか歌っていない新曲を入れて来る可能性もありますね!
期待しましょう!

おまけにCDTVで放送された零-ZERO-をおいておきます!

ステージレイアウト・座席予想

さてさて!セトリの次に気になるものと言えば!ステージレイアウトと座席だと思います!
当日にならないとわからないですからね!この2点は!!

ただ、今回のステージレイアウトや座席を想定する上でのヒントが3つあります。
それは、チケットの値段・過去の福岡マリンメッセのレイアウト図・福山雅治のライブの過去のステージ構成。

順番に見ていきましょう。

ステージレイアウト・座席を予想するヒント1:チケットの値段

チケットの値段が全て同じ9500円ってなんか違和感ありませんか?

私はそこに違和感を覚えました。

普通ステージから離れるごとにチケットの金額って安くなるじゃないですか?
それが今回は均一料金。

距離がそこまで大きく変わらないステージ構成何じゃないかと思いました。

ステージレイアウト・座席を予想するヒント2:過去の福岡マリンメッセのレイアウト図

※両方共福山雅治のライブツアー2018とは関係ありません!

このように見てみると、福岡マリンメッセでは中央にステージを設けやすいようになっています。
それに中央にステージを設けることで全面から同じように見えると同時に、距離が極端に遠いという人が居ないので、その点もメリットになります!

ステージレイアウト・座席を予想するヒント3:過去の福山雅治のライブステージ構成

福山雅治のステージレイアウトで多いのが中央にステージを設けるタイプ。
パシフィコ横浜でも、広島グリーンホールでも中央にステージをおいていますし、何より福山雅治自身がファンと近い距離でライブをしたいという気持ちがあるのかもしれませんね!

Twitterでのツアー感想は?

まとめ

福山雅治ライブ2018福岡セトリ予想!座席展望やツアーの感想は?について書いてきましたがどうでしたでしょうか?

本来はラスト公演で予定していた4days!
なので、過去のセトリの傾向はわかっても実際どうなるかわかりません!

またステージレイアウトや座席については、中央にステージが設けられ、その周りを囲うように座席が作られていくのではないでしょうか!

スポンサーリンク