2018年4月15日に関ジャニ ∞の記者会見が行われたと速報がありました。
という事で、今回その会見内容をできる限り文字起こしをしていきたいと思います。

かねてから渋谷スバルが脱退という話がありました。
これまでは予想でしかなかったもので、確定ではありませんでした。

それでは、関ジャニ ∞記者会見の内容は?渋谷スバルが正式に脱退表明について書いていきます。

Sponsord Links

各メンバーの会見で話した内容は?

スバルが退社することを受け記者の皆様に集まってもらったと、全員が頭を下げて一礼した。
スバルから皆様な貴重な時間をいただきありがとうございますの挨拶があった。

渋谷すばる


渋谷すばるから伝えたいことがあります。ジャニーズ事務所辞める決断をしました。
現在36歳という年齢で、人生は残り半分となっています。
今まではジャニーズ事務所や関ジャニ∞に守られ、支えられ、時には甘えさせてもらっていました。
しかしこの先は今までのような環境ではなく、すべて自分だけの責任で生きていくことになります。

今後の人生は海外で音楽を学び、自分の音楽を深くしていき活動をしようと思います。

メンバーと何度も話しました。その度に自分を見つめ直し、同時に考え直しました。
しかし自分の意思が変わることはありませんでした。
本当に自分勝手な結論で申し訳ないです。

横山裕


正直今日という日が来ないで欲しかった。
僕らなりにスバルに全力で考え直してほしいこと。関ジャニ ∞をもう一度見てほしいと伝えました。
しかしスバルの思いはつよく、考えが変わる事はありませんでした。

僕達も下を見てたらだめだと思います。
これからスバルも厳しい道も待ってると思います。
僕達もすばるに負けないよう全力で前を向いて頑張りますので、応援お願いいたします。

丸山隆平


デビューした時にはこうなると思ってなかった。
今回みんなで話をして出た結果なので、スバルは辞めても僕らのメンバーに変わりはないです。

大倉忠義


今回はスバルが考え抜いて出した結論なので応援すべきです。

錦戸亮


これからはスバルの声が聞けなくなるというわけではないので、これからもスバルを応援すべきです。

村上信五


最初スバルが話した内容はファンの皆さんが一番わかってくださってると思います。
スバルもいろいろなことを考えて出した結論です。ぼくらも話し合いました。
ファンの方がわかってくださってると思う。

その言葉を残してるなら我々はそれに向き合うべき。家族でありライバルであり友人であるって感じできました。
かけがえのない時間を過ごして、みんなで話をした内容ですから僕らにしかわからない事もあります。

今後もスバルを応援してください。関ジャニを応援してください。

まとめ

2018年4月15日(日)に関ジャニ∞から記者会見という形で、渋谷すばるの脱退が正式に発表されました。
今まで関ジャニという環境で成長してきた渋谷すばるくんですが、今後は自分自身の力で生き抜いていくとの事なんですね。

まずは海外で歌の学校に通い、自分自身の力をより付けたい事。
またその音楽を学びながら自分の中の音楽表現を学んで行きたいと言っていました。

他のメンバーもスバルが決めたことで、僕らも言いたい事を言えたので何も言う事はない。
スバルをメンバー全員で応援したいと言っていました。

ジュニアの頃から切磋琢磨してきた仲間ですから、今回メンバーを脱退したとしてもずっと仲間だよって全員が思っているんですね。

今年の12月31日をもっての退団とういう事で、残っている時間も短いですが、スバルくんにも精一杯思い残すことが無いようにしてほしいですね!

スポンサーリンク