どうも普通のサラリーマンです。
今回は夕方のニュースで流れてきた、藤井六段が獲ったという特別賞や新人賞に賞金や副賞は出るのか?
という点について調べていきたいと思います。

ちなみに、国民栄誉章では賞金も副賞も特には無く、記念の盾がもらえると言う事でした!

今回の特別賞や新人賞などもそうなのか?そうでないのか!どっちなんだい!!

Sponsord Links

藤井六段が特別賞及び新人賞を獲ったというニュース

平成29年度中に活躍した棋士を表彰する第45回将棋大賞選考会が2日、東京・渋谷区の将棋会館で行われ、最優秀棋士賞には羽生善治竜王(47)が選ばれた。同賞の受賞は2年ぶり22回目。

【写真】両雄並び立つ!感想戦を行う羽生善治竜王と藤井聡太五段 (当時)

羽生は昨年度、当初保持していた3タイトル中、王位と王座を失いながら、年末には竜王に復位。史上初の永世7冠の権利を得ただけでなく、今年2月には将棋界初の国民栄誉賞に輝いた。11日から始まる第76期名人戦では佐藤天彦名人(30)への挑戦者として登場。前人未到となる100期目のタイトル奪取なるかにも注目が集まっている。

また、藤井聡太六段(15)は特別賞と新人賞に選ばれた。16年10月にプロとなった藤井は昨年6月に29連勝の新記録を達成。朝日杯では佐藤天彦名人(30)羽生善治竜王(47)を連破して一般棋戦初優勝を果たすなど顕著な活躍を見せた。勝率(・836)最多勝利(61)最多対局(73)連勝(29)の4部門でも1位に輝いている。

将棋大賞は1974年に始まり、選考委は棋戦主催各社で構成される。その年度に最も活躍したプロに最優秀棋士賞が贈られる。

▼最優秀棋士賞・羽生善治竜王コメント 山あり谷ありの1年でしたが、このように評価をして頂きとても名誉に感じています。昨今の将棋界の尋常ではないスピードで変化を続けているので、これを励みにフットワーク軽く前進を続けたいと思います。

▼特別賞・藤井聡太六段コメント 特別賞に選んでいただき、ありがとうございます。これからも将棋の可能性を追求し、棋力をあげるべく一層精進していきたいと思っております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

最優秀棋士賞を受賞した羽生善治竜王と同時に特別賞・新人賞を受賞できるなんて藤井六段はすごいですね!
一時期前までは四段だったのに、時の流れの速さには驚かされるばかりです。。。

賞金は?副賞は?

私自身、賞を受賞したときの賞金や副賞なんてものはめちゃくちゃ気になる訳ですよ。
そして調べてみたんですが、、、
将棋で特別賞や新人賞を獲っても賞金はもらえないようでした。

というのも、将棋の収入は基本給と歩合給から成り立っており、8大タイトル戦による賞金等が主な収入源のようです。
このような収入以外には特に賞金や副賞といったものは設けておらず、よって特別賞や新人賞受賞による賞金や副賞もないということですね。

まとめ

今回藤井六段が特別賞と新人賞を受賞したと言うニュースを見て、いくらもらえるんだろう!!
と思った私のがめつさ。。恥ずかしいですね。

国民栄誉賞のときにも賞金や副賞が気になったのですが、特にありませんでした。

基本的には●●賞を受賞!というのは賞金や副賞よりも「名誉」に重きが置かれているのかもしれませんね。

スポンサーリンク