シグナル長期未解決事件捜査班の坂口健太郎の演技力はどう?シリーズ!
今回はシグナル第2話!

時効寸前の事件に取り組む坂口健太郎。
その前に現れたのは長谷川京子。

犯人だとわかっているのに、証拠がつかめない。
そんな坂口健太郎にドギマギした人も多いはず!
それでは”シグナル第2話の坂口健太郎の演技力や表現力は?長谷川京子にブチ切れ?”と題し、シグナル第2話の坂口健太郎の演技力に迫っていきたいと思います!

▼サクッと見たい方はこちら

Sponsord Links

坂口健太郎の演技力や表現力は?

30代女性

【30代女性】
長谷川京子さんをなんとかして逮捕したいと必死な思いにイライラし、嘘の鑑定結果を言ってまでも捕まえたいと行動して追い詰めようと対決した部分が印象に残りました。感情が爆発し、必死な気持ちが伝わる演技だったと思います。また、犯人の心理を行動を見て冷静に推理し、なんとか糸口を見つけようとする目の鋭さ、観察力のすごさを感じました。最後のシーンで過去が変わり、写真から遺体がなくなったり、ホワイトボードの文字が変化したのを見て驚きと喜びを表した表情が印象に残りました。過去と現在のやりとりで事件が解決していく不思議なドラマですが、これからも楽しみです。


50代男性

【50代以上男性】
時効成立寸前に取調室に入ってからの演技がやはり一番の印象に残るシーンでした。ドラマ自体は盲点をついた一日の差(正確には数分の差)という点での大逆転でしたが、ここまで追い詰めたのに、という無念さをよく表していました。やはり物は嘘をつかないということでした。しかし、犯人逮捕には結びついても、喪われた生命は決して戻らないことも坂口さんは体言もしていました。しかし、これは最初の一件に過ぎなかったのです。時効制度は凶悪犯罪については廃止された物がありますが、それは冤罪を防ぐという側面もありました。時の経過と共に記憶も証拠も風化してゆく。過去の案件の立証は加速度を増して難しくなるのです。その苦い敗北の証拠とも言える部署へ配属されるということは苦難が待ち受けているということ。過去との交信を行ったトランシーバーを見つめている眼は何を映しているのでしょうか。謎だらけです。一気に時間が飛んで現代となりますが、坂口健太郎さんはこの後、難事件をどのように処理出来るのでしょうか。その鋭い解析力が縦横に駆使される姿が見たいです。


30代男性

【30代男性】
長期未解決事件捜査時において、連続殺人事件であったはずの一件の殺人が未遂に変わっていく場面。
不思議なトランシーバーでの自分と過去の巡査部長との会話のせいで過去が変わっていくと感じ始めた時の表情、現実ではありえないという感じが出ていて良かったと思います。
また、自分と巡査部長が時空を超えて繋がっているのではないかという半信半疑な気持ちが、写真やホワイトボードの文字が変わっていく中で徐々に確信へと変わっていく様子。過去は変えれれる。という短い一言の中に表現されておりとてもリアリティがあり演技もとても良かったと思います。


20代女性

【20代女性】
全体的に面白くてどのシーンも好きだったのですが、一番印象に残ったのは長谷川京子演じる吉本を追い詰めようとするシーンです。時効を間近にしてなかなか自供しようとしない吉本に対して、焦る様子がとても印象的でした。科捜研に走って鑑定結果を急かしに行く様子や嘘の結果を突きつけて吉本に自供を迫る様子は、切迫している様子であることがすごく伝わる演技でとても良かったです。また、自供をさせることができずに時効を迎えてしまったときの坂口健太郎くんの叫びも臨場感があって良かったなと思います。落ち着いて分析したり感情をむき出しにしたり色々な表情を見せてくれる坂口くんの演技はとても好きです。


30代女性

【30代女性】
「あの時僕が傘を差しだしていたら・・・」というセリフが印象的でした。
人生を後悔と共に生きてきてのだろうと察することが出来ました。
その時の声のトーンや全身の雰囲気から”あなたは悪くない”と伝えたいと思う程、心が痛くなるシーンでした。
ドラマの終盤でホワイトボードに書かれた文字が動くように見えるシーンで、坂口さんの手が震えている演技も上手いと思いました。
時効まであと数分というときに、取調室を見ている姿や思わず電話をかけるシーンでの目の演技も上手でした。
このドラマでは、手の演技や、ただ立っているだけのシーンから伝わってくる感情が多く今後も期待しています。


30代女性

【30代女性】
少女殺害の時効が成立する直前に、ロープについた血液のDNA結果が一致したと嘘をついて演技をしたところ、またその演技が失敗し、時効が成立してしまった後の怒りのシーンが印象的でした。怒りがこみあげておさえられない感じがよく伝わり、共感できました。
過去とつながっているトランシーバーを使って話すシーンは、ちょっとわざとらしい感じがします。5人目の被害者は橋の下で見つかっていますよねという言い方に違和感を覚えました。
過去の写真が変わっていくシーンでも自分の目を疑う感じはよく伝わりますが、ちょっとわざとらしく見えます。


30代女性

【30代女性】
トランシーバーの謎現象に戸惑うシーン、ストーリー後半の”殺人事件”が”殺人未遂事件”に変わっていくシーンの演技が印象的でした。
個人的にはそんなに好きな俳優というわけではないのですが、事実を受け入れていいのかどうか迷い、目の前の事象に対して戸惑う表現に、坂口健太郎いいなと思いました。
わざとらし過ぎず、今目の前で自分も同じ現象に遭遇したらたぶんこんな感じになるのかな、とイメージできました。わかる、わかるよ三枝くん!わけわからんよね!と心で叫びながら見ていました。作品ごとに違う顔をしているな、というのも印象に残りました。


20代女性

【20代女性】
時効成立まで残りわずか何秒のとき、長谷川京子さんに犯人だと言わそうとしていて「犯人じゃありませーん」と言われて時効成立してしまったときの坂口さんのとても悔しそうなシーンが印象に残りました。坂口さんの演技は、表情や言い方などですごく悔しそうだというのが伝わってきました。坂口さんの役は普段からすごく真面目で正義感が強くて負けず嫌いなところが印象的だと思います。でもなぜかその一方落ち着いてるなぁと思います。坂口さんの話し方や声でそう思うのかもしれません。演技もとても上手で聴きたくなる声だなと思いました。


20代女性

【20代女性】
連続殺人事件の再捜査中、過去が変わったことにより写真の人物が消えたり、ホワイトボードの文字が変わったりしたシーンでの坂口健太郎さんの演技が印象的でした。突然変わったことに驚き、信じられないという演技から、過去がいい方向に変わったことに対して喜びも上手に演技できていて、観ているわたしも同じような気持ちになりました。もしかしてあの誘拐事件も何か変えられるのではないかという期待も、この時一緒にわきあがってきて、坂口健太郎さんの演技から次の展開の想像をすることもできました。やりすぎることなく、感情が上手に表現されていると思います。


30代女性

【30代女性】
ラストのシーンで過去に殺害された女性が、殺害されずに未遂で終わり、坂口健太郎の現在の行動によって過去が変わったシーンが印象に残った。過去が変わることは、現実世界ではありえないことです。そんな事が現実に起こった演技をすることは、とても難しいと思います。しかし、その同様した様子を目の動きや、震えた手で繊細に表現していたと思います。あまり演技の上手な俳優さんというイメージはありませんでしたし、今までのドラマではかっこいい役が多かった気がします。しかし、今回のような難しい役、演技が出来る素晴らしい俳優さんだと思いました。


30代女性

【30代女性】
坂口健太郎が犯人の長谷川京子に自白させようとDNA検査の結果が出たと嘘をついて自白させようとした瞬間が印象に残りました。迫力もあるし、目に力がありました。絶対に捕まえたいと思う執念を感じさせました。結果自白しなくて悔しさをにじませる場面も心に響いて良かったです。あと過去が変わる時に写真から被害者が消える所に驚くシーンも印象に残りました。信じられない現実に戸惑う所が上手だと思いました。大山さんと無線が繋がるシーンも気になるし、全体的にドラマの雰囲気と本人の雰囲気がすごく合っていて演技が上手になっていると思います。


40代女性

【40代女性】
時効成立タイムリミット間近の長谷川京子に取り調べを行うが、坂口健太郎クンがどうしても刑事役に見えないのが印象に残りました。低くない声と、爽やかすぎる外見に、大学生風の服装のせいでしょうか?
取り調べ中ハセキョーの腕をさする仕草を見て、動揺している!と見逃さずに?プロファイリング技術をアピールしていました。でもプロファイリング技術がなくても動揺しているのは見て取れましたが(苦笑)
過去に繋がる謎の無線機を使い、偶然ながら過去の事件被害者を救うことに成功したことにより、事件の内容が書いてあったホワイトボードや手帳の文字が、気味が悪い動きで徐々に消えていったのですが、もしあんな事が現実に起きたらもっと ひっくり返るほどの驚き方になるんじゃ?!と思いました。少なくとも私なら発狂するぐらい腰ぬかすと思います。その点ちょっと驚き方が物足りませんでしたが、今後の坂口健太郎クンの演技に期待しています。

まとめ

“シグナル第2話の坂口健太郎の演技力や表現力は?長谷川京子にブチ切れ?”について書いてきましたが、どうでしたでしょうか。

時効成立直前で犯人がわかっている!
あとは証拠だけ!なのに証拠がない!

そんな刑事の心理を上手く演じてくれたという意見が多いですね!

第3話以降も楽しみです!

スポンサーリンク